<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2012年 03月 30日
春の朝の太陽
昨日、娘のバレエの進級実技試験のために1日お休み。


朝の陽ざしが気持ちよくてしばし春を満喫。
c0045882_22212161.jpg
パンジーの下からスイセンの花が顔を出してます。


白いクリスマスローズは鉢植えで南側の木陰に置いています。
c0045882_22214584.jpg
毎年ちゃんと咲いてくれる。


ムスカリはどんどん増えるし、花の終わった後のびろーんと長い葉はちょっとうっとうしいんだけど、花が咲くとやっぱりうれしい。
c0045882_22221061.jpg
玄関先にもっとたくさん植えようかな。


これもスイセン。
c0045882_22223488.jpg
種類はわからない。
だいぶ暖かくなってからひっそりと咲きます。
香りはないかな。


バラの葉っぱの輪郭が赤いのがなんとも言えず好き。
c0045882_22224554.jpg
まさに萌える、春。


春、朝の日差しの中でボーっとするしあわせ。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-30 22:41 | Garden
2012年 03月 25日
最近のお気に入り:ラデュレのお料理レシピとそまたんレシピ
ラデュレのお料理本、日本語版が本屋に平積みしてあったので買ってしまいました。
c0045882_2191685.jpg
フランス語版はお菓子教室で見せていただいたことがあるのですが、確かその頃はフランスAmazonで6,000円以上で入手したのだと聞いてすてきだけどちょっと使えんなーと。

日本語版は3,000円弱。

すてき過ぎてちょっと我が家の日常の食生活にはそのままは取り入れられないかな。(材料もねw)

でも、色使いや盛り付けのエッセンス。

やさしい色柄のクロスやかわいらしいお皿。

眺めてるだけでもわくわくする女子好みなテイスト。

そしてもちろんレシピもわかりやすく、特に魚介のお料理が結構たくさん載っていて参考になります。


瀬戸内海近くで生まれ育ったせいか、いくら高級で洒落ていても、ごてごておソースを添えたバタ臭い一品よりも、獲れたて新鮮なお魚を塩焼きにしたぷりぷりの食感とみずみずしさにはかなうわけないでしょ、と思ってきた。

でも、最近はハーブや様々な調味料を駆使したお料理、思わぬ組み合わせ、例えばお魚とフルーツのマリアージュ、みたいな複雑なお味に感動することしきり。

感動は最大の付加価値という真理。



レシピ本通りに作るのは無理だけど、かぼちゃのポタージュに海老など添えるといいかも、とか、スモークサーモンにパルメザンチーズね、などど部分的に調理・味付けのヒントは満載なのでよい買い物をしたかな。



それと、最近お気に入りのレシピ集。

分光化学屋(駆け出し)のそまたんのレシピ集。

こちらはTwitterで出会った料理好き男子大学生が自らのオリジナル料理をまとめたもの。

これがなかなか使えるぜ。

一人暮らしの理系大学生ということもあって、低コストで手のかからない簡単でおいしく、そして意表をつくレシピ集。

わかりやすいし。

写真なしのテキストだけ、という仕様がまたどんなものができるんだろう?と興味をそそる。

最近もっとも活躍中のレシピ集です。



わたしもいい歳だし、はるまきの味レシピ集の執筆にそろそろかかろうかな、などという考えが頭をかすめる今日この頃です。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-25 21:59 | Kitchen
2012年 03月 20日
巻き寿司とマカロンのレッスン
(笑)
うそうそwww

マカロンのレッスンです。

今日はアトリエ・ドゥ・シュークルのCake classへ。
c0045882_2055350.jpg
巻き寿司は先生が出してくださったランチ。

もちろん、作り方も教えていただきましたが。

主役はあくまでマカロン。

今日はフラワーアレンジも付いて。

そして、巻き寿司。(笑)


つまり、和ナチュラルなマカロンを主役に、脇もすべて和テイストで固めたすてきな演出なのですが、ついつい(笑)を探してしまうこの性格。

そのくせ、パルケ先生のスペシャル過ぎるギャグには咄嗟に反応できず固まってしまった未熟なワタシ。



それはさておき、

昨年も数回焼いてみたマカロンなので、今回は復習と確認をかねてレッスンに参加。

生地の状態や湿度、膨らみ方、ピエのできる理由などなど、しっかり理解できました。

やっぱお菓子は科学だしねー


習ったのはきなこマカロンと生姜風味のマカロンの2種。

生姜ガナッシュの生姜マカロンは一見インドテイスト(爆)と思いきや、和です、和。

煎茶が合います^^



そして、気づいたのはマカロンの写真がほとんどなく、巻き寿司の写真ばかり撮っていたということwww

なぜ?

ここのところ、写真を撮ることはおざなりで、講義やデモに集中してしまうんだよねーw

ほんとよ。


そういえば、最近すてきなレシピ本/集を入手したので、キッチンがアトリエ/研究室と化していきそう…かなー?

そちらの方も近いうちにご紹介しますね。



先生、皆さん、今日は楽しいひとときをありがとうございました。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-20 21:27 | Lesson
2012年 03月 12日
3.11 マーマレードを作りながら
今日はなんだか一日やることなすこと中途半端で、はかどらない日でした。

昼過ぎに町の防災無線を使った放送が地震の起こった14時46分に黙祷を呼びかけ、八朔のマーマレードを作ろうと皮を千切りにしていた手を止めてしばし目を閉じる。
c0045882_23591124.jpg
TVでは故郷に帰れない原発の町の人々や地元で家族を失いながらも笑顔で生きる子どもたちや復興の象徴となる交通の再開などの特別番組。

3月11日。

この日を境にいろんなことが変わってしまい、1年が経ち、またこの日を迎えてこの悲劇、災害を忘れずに、それでも明日に向かって力強く生きようと決意を新たにする。。。

といいたいのだけれど、「復興」の裏に、笑顔の下に存在する深い深い深い悲しみを感じずにはいられなくて、切ない。

変な気持ちになる。

普段通りに、もしかすると普段以上に明るい笑顔の下にそれはあるはずなのに、普段通りに黙々と自分に来ることだけをやっていくしかない人間が切なくて、歯がゆくて、愛おしくて。



明日からまたがんばろう。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-12 00:21 | パンとお菓子
2012年 03月 11日
“日本一小さな酒蔵”杉原酒造 「射美」
お酒は舐める程度しか嗜まないし、飲むと赤くなる性質なので(飲酒で赤くなる人が飲酒を続けると食道ガンになる確率が格段にあがるらしいよ)外ではほとんど飲まない。
c0045882_0501947.jpg
アルコールはお料理やお菓子作りに使う分があれば別にいいんだけど、そんな妻とのバランスをとってか、オットの方はアル中…といっても過言ではない感じなので、まあたまには食費から飲酒用アルコールを買ってあげたりするんだけど、そんなわたしでも日本酒っておいしいと思う。

なのに日本酒は売れない、らしい。

なんでだろ?と話してたら、オット曰く

「高いからじゃない」

きりっと飲みやすい吟醸酒や麴香るフルーティな生酒なんかは年中愉しめるし、コスパ的には妥当なんじゃないだろうか。
(あ、アル中の人にとってのコスパはアルコール度数÷価格か。。ww)


大垣ケーブルテレビ制作の岐阜・大野町の杉原酒造の特集番組をみてどうしてもお味見してみたくなって(一応オットの誕生日に、という大義名分もあったんだけど)、酒蔵そばの販売店に伺ったら「射斐」は東京方面にしか出荷していないとのこと。

番組に出てたそのままの気さくでいい人な感じのおとうさんにTVの感想やらオットが酒好きやら話していると大野サムの中の米・和酒の専門店サンテックにだけは卸しているかあるかもとのこと。


オットの誕生日には間に合わなかったけど、今日買い物がてら尋ねてみるとありました^^



こちらの酒屋のご主人もなかなか熱い方で、日本酒業界の現状、その中でよりいい酒を造ろうという新しい波、オススメの蔵元などなど30分以上お話してくださいました。


で、めでたく本日の晩酌はふきのとうの天ぷらを肴にやっとゲットした「射美」

おいしくいただきました\(^o^)/

お味はというと、日本酒のお味が語れる器ではないのですが、天ぷらよりお刺身にした方がよかったかなーという印象かな。



一昔前に幻と言われてた銘柄がいつの頃からか量販店やスーパーで手の届く価格で簡単に手に入るようになって、いざ飲んでみたら「あ、こんなもん?」っていうことがよくあるけど、その訳がわかった。

つまり、人間誰しも年を取ると身体的・精神的にいさろんなことがキツくなって、経営的にラクを」したいと思うようになり、儲けようと思って量販店と取引し始める。

そうすると、最初は良くても年々卸値は叩かれるし、数量ももっともっととなると、品質を落とすしかなくなってくる訳で、そうなると消費者は「あれ、おいしくないぞ」って買わなくなるとうスパイラル。

ケーキでもそうですね、行列の出来てる某ケーキ屋の一体どこがおいしいのかって、そのうち売れなくなるはず。。。(でもならないのはなぜ??)

企業・メーカーは世代交代が大事。

若い情熱を自由に解き放っていかないとダメだし、わたしたち消費者は誠実でマジメな仕事をしてるサプライヤーをしっかり選んでいかないとダメってことかな。

マスコミのプロパガンダや他人の評判で選ぶんじゃなく、自分の舌で、好きなものは好きと主観で選べばそれでいいかと。

価格だけじゃね、近隣諸国にはかなわないんだしね。


ちなみに、酒蔵向かいの販売店で買った「千代の花 しぼりたて」という生酒、麹好き天然酵母好きのわたしにはこちらの方がヒット。

ほんとに今しぼりたての生酒で、麹香る美味なお酒でした。


ここのところ、日本酒飲み比べ的わが家の晩餐で、オットしばらくは禁断症状がでないのではないでしょうか。



以上、今日はいっぱい書いた。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-11 01:35 | グルメ
2012年 03月 09日
Life is short.
この場所に家を建てたのが12年前。

次の年くらいに埋めたクロッカスの球根。
(水栽培のリサイクルを文字通り”埋めた”)

毎年春の訪れをひっそりと告げてくれる。
c0045882_22511017.jpg
娘が出来てすぐに家を建てちゃおう!と深い考えも計画もなく(ローンとかねw)建ててしまった。

娘は今年から中学生で、ほんとにlife is short。

そして、やっぱり、昨年のこの季節から1年が経ったんだ、と感慨深いのはわたしだけじゃないと思う。


いろんなことを考えて、考え直したりしたこの1年。

生き方が変わったのは(生き方を変えることにしたのは)、被災地の人々だけじゃない。


Art is long, life is short.


思い立ったら始めなきゃ!
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-09 23:53 | Garden


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧