<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2008年 12月 31日
大晦日、実家にて
久しぶりの更新です。

年末、ちょっと体調を崩したり、大掃除だの年賀状だの仕事だのほんとにラストスパートで息切れ状態でした。

今は実家です。
紅白じゃなくて、男子たちはK1だかなんだかを真剣に見入っています(どこがいいんだか…)
やっとのんびりした時間が流れてる大晦日の夜です。


実家で上げ膳据え膳だったのはいつの頃か。。。
子供たちが成長する分、実家の親は年老いて、わたしたち世代は今人生の中で最もいろんなものを背負ってる時期なのかもしれないなあ、、、なんて考えたりしています。


明日はいつも通りの餡入り餅白味噌仕立てのお雑煮を食べてから初詣に出かける予定です。


皆さま、よいお年をお迎えください。
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-31 22:58 | 日々のコト
2008年 12月 23日
クリスマスの食卓
明日のクリスマスイブはオットは東京出張、娘のバレエレッスンが6時から7時15分まで。。。

ということで、クリスマスのご馳走は祝日の今夜にいたしました。

今年の目玉はコレ。
c0045882_20512090.jpg
牡蠣のグラタン クミン風味 in クリスマスカップ。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-23 21:40 | Kitchen
2008年 12月 21日
Hot Red PepperJelly
ホットレッドペッパージェリー。
c0045882_22503068.jpg
文字通りちょっとピリ辛のアップルジェリー

リンゴを煮るのに酢と赤唐辛子を使います。

あとは、アップルジェリーと同じく、一晩かけて漉して、翌日砂糖を入れて煮詰めます。

アップルジェリーはイギリスのお料理みたいですね。

図書館でレシピを見つけて、ホットレッドペッパーのも作ってみました。

クリームチーズと愛称がいいらしい。

あとは肉料理のソースなんかにもいいんだって。


今回は、ちょっと煮込み足りなかったかな~~?
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-21 22:59 | Kitchen
2008年 12月 19日
洋ナシのタルト
洋ナシのタルト。
c0045882_237328.jpg
息子はもちろん、娘もあまり好きじゃないんだって~

ラムなどのお酒を効かせるからからかなあ?

今回はアマレットで香りづけ。

アマレットの香りならお子ちゃまもOKかな?と。

やっぱりいらないんだって。。。

ウチのお子ちゃまたちはやっぱりチョコレートで攻めないとだめですな~


そうそう、体脂肪とかBMIとかが測れる体重計をいただきました。

ふふ、体年齢28歳だってぇ~

戸籍上はアラフォーとか言われちゃうけど、気持ちも体も28よ!

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-19 21:09 | パンとお菓子
2008年 12月 18日
パン教室~米粉パン、クリスマスカップ
パン教室には1ヶ月に1回くらいのペースで行っていますが、前回の教室は1年くらい前だった気がする。。。
忙しいってこと?脳が老化して忘れっぽくなったの???



今日のメニューは
 ※ 米粉パン
 ※ クリスマスカップ
 ※ バナナツリーケーキ
c0045882_22324862.jpg


More
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-18 22:49 | Lesson
2008年 12月 14日
プレゼントを開ける瞬間
ある日ポストを開けたら見慣れないかわいらしい包みが入っていて、それが思いがけないプレゼントだったりしたらほんとにうれしい気分になります。
c0045882_23172279.jpg
すてきな手作りのオーナメント。
ドキドキ、ワクワクのサプライズ。
プレゼントのリボンを解く瞬間って、いくつになってもとてもしあわせな時間ですね。

送ってくださった方は日々の暮らし、そして子育てにもいつもすてきな演出をしていて、年齢は年下の方なのですが見習うことばかり。

いいなあ~と思いつつもなかなか真似ができないでいるのですが。。。


もうすぐクリスマス。
プレゼントの演出、ちょっと考えてみなくっちゃ。


Sさん、すてきなクリスマスプレゼント、ありがとう。
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-14 23:29 | 日々のコト
2008年 12月 14日
ペチュニアの種
小さいのがペチュニアの種です。
c0045882_03144.jpg
小さい小さい種なので種を採るのもも種まきもちょっと大変。
手前の黒いのがアサガオの種です。
小さいでしょう。

今年は種からペチュニアを育てたのですが、ペチュニアの種って値段の割りにちょっとだけしか入ってなくて、その上全部の種がうまく育ってくれない。

だから、来年用に自家製の種を収穫です。


今日は家庭教育学級の寄せ植え講座がありました。
かわいく出来たのですが、カメラを忘れていってたので後日アップします^^;
久々に土に触れ、植物を植えてちょっと癒されたかな。

来年はガーデニングに精を出して、お花でいっぱいの華やかな庭にしたいな。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-14 00:22 | Garden
2008年 12月 09日
きれいな色で。
最近こうゆうカラフルなタイツを愛用してます。
c0045882_22571859.jpg
以前は真冬になると黒いタイツか、、まあがんばっても紺か茶色くらいだったんだけど。

歳、でしょうか?(笑)

洋服もきれいな色に目が行きがち。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-09 23:41 | 日々のコト
2008年 12月 08日
冬の定番
冬本番ですね。
c0045882_23401520.jpg
おでんと焼酎のお湯割りなんかにグッとくる季節です。

娘が咳がひどいのでお薬をもらおうと病院に連れて行ったら、「立派な肺炎」だと言われて想定外の点滴で、今日はバタバタの1日でした。

先日、バレエの発表会前に嘔吐して土曜日の朝夕点滴を受け、翌日の日曜日にも点滴に来るように言われてたのに「治った」と無視して、病院には行かず発表会に行ったのを根に持っていぢわるしてるのかしら…?!

と、勘ぐってしまうほど、腑に落ちない見立て。

熱もないし、本人も咳は出るけど全然元気なんだけど。。。

まあ、明日も来いということなので、一応連れていきます。
これからもお世話になるしかないので(笑)



おでんのからし味噌は甘い白味噌のさぬき味噌に練りからしとだし汁を混ぜて作ります。
この頃は、牛すじ肉じゃなくて、鶏の手羽元を入れることが多いです。
袋(きんちゃく)の中身は、キャベツとシラタキ、鶏ミンチとちくわの輪切り。
子どもたちはお餅じゃないのでちょっとがっかりしてたけど、この方が手間かかるんだよ~

師走です。
師じゃないけれど、やっぱりわたしも走ってるこの頃です。
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-08 23:58 | Kitchen
2008年 12月 07日
発達していくということ
先日、役員をやってる関係で嫌々ながら参加した西濃地区家庭教育推進指導者研修会。

出席簿に○だけつけて、ころあいを見て抜け出そう、と思っていたはずが、前半で爆睡してしまい^^; タイミングを逸してしまいました。

が、1番最後のプログラムの講話がとてもよかった。

揖斐幼稚園副園長・臨床発達心理士佐木みどり先生のお話でした。

経済効率が何よりも優先され、緊張感に満ちた人間関係の中で子どもを育てていかなければならないわたしたちの今。

家庭教育という、昔なら何の知識もなくとも普通に出来ていたことがうまく行かない。

できる・できないという視点で子どもを評価してきたことで(かつてはわたしたちも子どもでした)「できない子」や障がいのある子が生きにくい時代・社会になっている。

そして、子育てにおいてほんとうに大切なことが分からなくなっているのが今の現状。

そんな中で家庭教育推進指導者はどうあるべきか、というテーマでの講話でした。


かいつまんで言うと、家庭教育の根本は、母親が赤ちゃんにお乳を飲ませるときのアイコンタクトにはじまる愛着。
愛こそすべて、とういうこと。
(母乳をあげられなかったとしても大丈夫、愛情を注ぐことが大切なのだそうです)

そして、子どもの発達段階において「発達の危機」が思春期までに5回あるのだそうです。

発達の危機」というのは、つまり革命的に伸びる時期

新生児、1歳、3歳、6歳、12歳に発達の危機があるのだそうです。
個人差はあるのでしょうが、大体その時期に子どもは革命的に発達して、このときの養育者の対応がとても大切なのだそうです。

わたしはうまく接して来れたのかな~と思い返し。。。


そして、ふと思ったのですが、大人になっても「革命的」とは言わないまでも「発達」する時期があるんじゃないかな、と。

老化」とも言われますが。。。

身体機能はね、「老化」と言われても仕方ないかもしれないけれど、心理面はやはり「発達」してると思う。

「開き直り」とかじゃなくて、「発達」(笑)


個々の状況は違っても同じように「発達」してきているから、同世代の同性や異性の人とは、深く細かく語らなくても共感できるのかもしれないな。

でも、そこはそれ、ガキじゃなくてオトナなので、同世代じゃなくても、上の世代の言うことにはふむふむそうなんだ~と耳を傾け、下の世代の悩みは大体は経験済みなので理解できる。

結局、みんな理解・共感できるんじゃな~い。

やっぱりオトナは楽しいと思います。


なんか、話が違ってきましたが、佐木みどり先生はお話の内容はもちろん講演の組立てや講話のテクニック、やさしそうな物腰、すてきですごい方でした。
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-12-07 00:17 | 日々のコト


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧