<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2006年 05月 25日
ぼちぼちいこか
これな~んだ?
c0045882_214413.jpg
まるで南国のフルーツのようですが...


いきなり、話変わって。
ここのところ疲労感がひどく、先日は夜発熱したり、朝は体が鉛のように重くて起きるのがつらかったり。
軽い頭痛も続くし、ドライアイもひどい。
ということで、今日とりあえず眼科に行ってきました。

もともとドライアイ気味なので時々目薬を貰っていたのですが、乾き目も慣れっこになって受診するのは1年ぶり。
ドライアイの目薬貰うくらいだろうな~と考えていたら、とんでもない病名を告げられました...



その病名は、なんと「老眼」!!!!



「え?」と聞き返しました。

先生、なんでわたしが、今年自称三十路(爆・爆・爆・!)のわたしが「老眼」なんですか~?
問診表の年齢の欄もちゃんと空白にしてるじゃないですか!(←無意味)


新聞や本などの細かいものを読む時にピントは合わせられるけれど、ピントを合わせるのに今までよりも負担がかかって、疲労がたまり、頭痛や肩凝りなどの症状が現れてきている。
疲労感があまりひどいようなら早めに眼鏡を作ってもいいかもしれない。
と、ショック~~と嘆くわたしに説明してくれました。

確かに、ここのところ急にディスプレイを見るのが辛くなってきました。
みなさんのところを回るときも、文字サイズを大きくすることもたまにあります。
PCなしの生活は考えられないし、様子見て眼鏡作ろうかな...


最近、会う人会う人年齢の話題になると「わたしはさんじゅう」といい続けてますが、他人はだませても自分はだませないなあ。
他人もだませてないか...(笑)



ショックな1日でした。ちっ!

そういえば、答えは、
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-25 21:47
2006年 05月 22日
いくちゃんコロッケ
巷でウワサ(?)のいくちゃんコロッケをやっと作りました。
c0045882_1405985.jpg
いくちゃんというのは、息子のクラスメート&テニスのチームメートのNくんのママです。

Nくんは4人兄弟の末っ子で、小柄で愛嬌のあるかわいらしい、ウチの息子とは全く違うタイプのの男の子です。
学校や外で会うと、彼の方から手を振ってくれるような感じの子で、かわいい♪ (#^.^#)

つまり、いくちゃんは4人の子どものママで、ソフトテニスサークル池田レディースでも彼女がいないと場が穏やかに寂しくなるような漫才のできる皮膚科の看護婦さんです。
というジョークはさておき、とにかくパワフルで明るい、美貌じゃなくて美声の人気者。
わたしよりひとつふたつ上なのですが、そのパワーと気配りは見習いたいばかりです。
...と、いくら褒めても何ももらえないのでこの辺でやめとこう(笑)

いくちゃんコロッケというのは彼女から以前に教えてもらったN家オリジナルコロッケで、じゃがいも・玉葱・ミンチのほかにシーチキンが入っています。
そして、このコロッケ、食卓が楽しくなる秘密があるのがもうひとつの特徴。

さて、その秘密は...
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-22 14:39 | Kitchen
2006年 05月 20日
レッスン:NY風チーズケーキ
パルケ先生のレッスン。
今回はチーズケーキ。
c0045882_22493591.jpg
およそ1年前に習ったレシピのアレンジなので、今回はわたしかなり余裕を持って臨めました。いつもは、メモと各段階の状態の撮影で内心かなり焦ってるんですけど。
手前のがお砂糖の変わりにホワイトチョコを使ったもの、奥のがパルケ・基本レシピで台がキャラメルクッキー&クルミのもの。


クリームチーズとサワークリームを使うレシピで、これを憶えてからチーズケーキ買わないくらいおいしいです。
チーズを混ぜるのがちょっと苦手ですけどね...か細いワタシの腕じゃ...スミマセン、ウソつきましたm(__)m
今回は台の部分をキャラメルクッキー&クルミやシナモンを混ぜるというのを教えてもらいました。台の部分を変えるだけで別物になります。
基本を憶えたら、ちょっとしたアレンジでバリエーションが広がるんですね。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-20 23:15 | Lesson
2006年 05月 19日
レモンの花
レモンの新芽に早速アゲハチョウが卵を産みつけていました。
c0045882_22173261.jpg
昨年末から約1ヶ月間の異常な寒さで雪に埋もれて、春になっても新芽が出ないのでてっきり枯れたのだと思っていたら、生きてました。

アゲハの幼虫は最初は黒っぽくて、そのうち鮮やかな黄緑色になります。
かなり大きくて、頭のところの模様がまるで目玉のようで怖い。

芋虫毛虫の中にもぞぞ~っと背筋が寒くなるのとそうでもないのがいて、アゲハの黄緑色の幼虫はぞぞ~っとするタイプです。

卵のうちに取ってしまいます。
c0045882_22264615.jpg
葉っぱはまだ小さくて柔らかいのに、たくさん産みつけられていました。

今日のおまけはレモンの花
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-19 22:55 | Garden
2006年 05月 18日
最近の晩ごはん
こういうのばっかり。
c0045882_21315484.jpg
煮物。
2~3日は使い回せる...じゃなくて、煮てすぐより味がしみて美味しい。
今日はこのほかに豚汁と納豆。
お子さま二人いる家庭の晩ごはんにしては地味ですね^^;

ちなみに手前から、
スナップエンドウの塩茹で(マヨネーズ、または七味マヨで)
昆布の細切りをごま油で炒めてカツオ節と醤油をかけたもの
ごぼうのキンピラミンチ入り
ワラビの煮物
筍の煮物唐辛子入り

テーブル中央にずらっと並べて、セルフサービス。
コラッ!手で取るな、手で!

今日作ったのはスナップエンドウと昆布。
あとは豚汁と納豆。

納豆ったって、溶き玉子と醤油を納豆のカップに入れてそのままテーブルへ。
納豆は好きだけど、納豆の入ってたお皿を洗うのは好きではない。
娘も「パパ~納豆混ぜて~、あたしのお箸が納豆になるのいやだもん」
て、ワタシがまぜまぜして出すべきなんですよね、はいm(__)m

ほーんっと、最近こういうのばっかり。
そろそろ、ハンバーグとか、コロッケとか、作らないとね...
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-18 21:58 | Kitchen
2006年 05月 16日
子を持って知る親の智慧
ブログ、知ってる方も見てくださってるので我が家の恥をさらすようなことはあまり書かないでおこうと思って我慢してたのですが、やっぱりここで心情を吐露してすっきりしよう!


そう、息子のことです...



まず、最初は家庭訪問。

家庭訪問は毎年5月の連休前後にあるので、新学期が始まって1ヶ月、比較的本性を見抜かれていない時期なので、例年はそれほど苦もなく終了します。
今年は、玄関先で耳の痛い先生のご指摘、予想以上の失態の数々を最初から最後まで延々とお聞きしました。
「何事においてもいいかげん」
「忘れ物も多い」
「中学に行ったら困る」
「このままでは体だけどんどん大きくなって中身は空っぽの人間になる」

・・・

「やればできる子なんだから」とのフォローの言葉はありましたし、帰宅したばかりの息子も一緒だったので、息子に向けての叱咤激励だったのでしょうが、聞いてる親としてはちょっと凹。

平気平気、と表面上は思い込もうとしながらも、やっぱりちょっとショック~(ToT)

先生のおっしゃる通りだけど、その通りだけど、本人の自覚以外に改善の見込みはない訳で日々子どもたちに接してる母親としては、北風のごとく無理じいしても逆効果なことは経験上わかってる。
ぽかぽか見守る太陽にならなくちゃ、と息子にはちょっとだけ厳しめに注意して終わりにしました。
言っても無駄、という言葉が頭の中をぐるぐる回りながら。


勉強はダメだけど、運動は好きみたいだし、いい感じの友だちも割と出来てるみたいだし。
中学で困るかどうか、先のことはわからないしね。

と思っていたら。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-16 23:59 | ちるどれん
2006年 05月 15日
新緑の中で。
ご近所の田園では田植えもほぼ完了。
新緑が目に眩しい季節...
c0045882_22323040.jpg

連休明けから予定に追われ、時間に追われ、やることなすことすべて中途半端。
やるべきことをやって、やりたいこともやって、という気力がないな~、ここのところ。

五月病かしら?

今日は久々、息子に谷底へ突き落とされたし。(免疫はあっても多少のダメージは食らう)

娘はバレエのお稽古が嫌だと、レッスン所のドアの前でシクシク泣き出すし。

晩ごはんは間に合わなくて、出来合いのお寿司を買ってきてしまったし。

パパの東京出張はスケジュールがキビシそうで、お土産を頼むのもなんだか酷な気がするし。


新緑を愛でて、心の安らぎを。
自分のペースを取り戻そう。

クモの子を散らす
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-15 22:51
2006年 05月 11日
バースデーケーキ
今日からあたし7才♪
朝出掛けにうれしそうに言ってました。
c0045882_20264874.jpg
平日なので娘の好物とバースデーケーキで簡単にお祝い。

彼女にとっては年の数のロウソクに灯がともって、それを吹き消すのがお誕生日のクライマックス。うれしい瞬間。

子どもの生まれた日は、わたしの産んだ日でもあって、毎年毎年感慨深い。
わが子の誕生日は母親にとって忘れられない日ですね。

誕生日になると実家の母が毎年電話をくれます。
わたし自身は、「あ~あ、またひとつ歳とっちゃったよ~~そっとしといて(笑)」って感じななんですが...

いくつになっても子どもは子ども。
オットや自分の誕生日よりも、結婚記念日よりも、他のどんな記念日よりも、わが子の誕生日はきっと死ぬまでずっと忘れない。

この子の母親としての誕生日でもあるのかも。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-11 20:51 | ちるどれん
2006年 05月 10日
精進とは恥をかくこと・・・?
連休中、オットの実家で法事がありましたので、ポリエステルの単衣のお着物で松江へ出ました。
c0045882_23401748.jpg
帯は義母から貰ったシダの新芽(?)柄の名古屋帯。(義母作です)

やり直しなしで着たので、帯結びやや不満が残るのですが時間がなかったので仕方ない。

これは、ランチ後お寺で法事を済ませて、帰りにクリームあんみつをいただいて、戻ってから撮ってもらった写真なので、やや着崩れてます。(はじめから着崩れてるか^^;)

お太鼓、小柄なのでもう気持ち小さい方がかわいいかな?

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-10 23:39 | キモノ
2006年 05月 08日
モッコウバラ
連休中も暑いくらいのお天気でしたが、今日も暑かった。
昨日の雨で山も木もしっかり水分補給。
蒸し暑くて、ノースリーブで過ごせました。

3日ぶりのわが家の庭はモッコウバラが満開。
c0045882_2275450.jpg


More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-05-08 22:32 | Garden


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧