<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2006年 04月 30日
筍とトマト
筍とトマトは合います。
c0045882_22305255.jpg
筍とトマトのスパゲティ。

茹でた筍とベーコン、缶トマトのソースです。
春ならではのパスタ。

生のトマトが嫌いな息子ですが、火を通したトマトは大好き。
和風な筍料理よりもトマトと合わせた方がおいしいと言ってました。

同じお腹から出たきたのに、娘の方は生のトマトは大好きなのに火を通すと苦手。
筍も普通の和風だしで仕上げたものはたくさん食べます。

みんな違ってみんないい。
でも、兄妹同じ嗜好だとラクなんだけどな~

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-30 22:43 | Kitchen
2006年 04月 29日
オーブンミトン Mitten's 焼き菓子の会
お菓子作りの先生のパルケさん全国のおいしいお菓子通のあみさんもお取り寄せのオーブンミトンの焼き菓子の会。
おいしい、カルチャーショック!、常識を覆させる、人生が変わる...そこまではいってないか(笑)の声をいろんなところで耳にして、お取り寄せ、してみました。
c0045882_2124010.jpg
ふだんお菓子のお取り寄せなどしない人なのですが、あまりの評判に初の試み!です。

写真は4月の焼き菓子Sセット。
あとバニラシフォンと月替わりシフォンも注文してみました。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-29 22:03 | パンとお菓子
2006年 04月 28日
授業参観。マイコプラズマで出席停止。
今年は3月下旬に寒波が来たりで桜の開花も遅かった。
チューリップも今が見ごろです。
c0045882_12471772.jpg

今日はのんびり...お休みです。

実は一昨日小学校の授業参観後、娘が発熱。
あれよあれよという間に39.2℃まで上がって、お医者に連れて行くとクラスメイトのお友達もたくさん来ていました。
1,2年生でマイコプラズマとリンゴ病とあと何か(聞いたけど忘れた...)が流行っているらしくて、ずっと咳が止まらないのだとか。
ウチの娘は咳はまったく出ず、突然の高熱で驚きましたが、検査してもらうとマイコ陽性でした。

点滴を受けて、熱さましの座薬を入れてもらって、薬を受け取って帰ろうとしたところ、予想外の大量嘔吐でバタバタしてしまいました。(汚くてすみません)
たぶん朝から少しだるかったのかもしれません。
給食も少し残した、と言ってましたから。
初めての授業参観でがんばってしまったのかもしれません。



今日はもう元気になってます。
夕方、もう一度お医者に行って、治癒証明書を貰って、月曜日から登校です。
新1年生、はりきってはいるものの約1キロの徒歩通学にはじめての学校生活。
疲れも溜まってきてたのでちょうどいい休息になるかな。

そういえば、息子の方も週半ば、咳をしたり微熱が出たりしてたな...
学校は休んでません。
大きくなると、抵抗力もついてくるのかな?

参観日に、
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-28 13:21 | ちるどれん
2006年 04月 24日
かまてん
釜天。釜揚げ天ぷらうどんの略。
c0045882_2213166.jpg
実家が香川県で、香川では1日1食うどんを食べる人も全然珍しくない。
讃岐うどんは村上春樹さんがエッセイを書いたからかどうかはわかりませんが、数年前にブームに火がつき、今では全国区に立つ香川の名物(?)

でもでも、地元生まれのわたし的にはグルメツアーでわざわざ食べにいくほどのご馳走じゃないんですよね。
こういうと誤解を生じるかもしれませんが、たかがうどん、うどんはご馳走にあらず。
ただ、麺のコシやつゆの味、ちょっとしたこだわりは持ってます。されどうどんです。

自宅では帰省した時に買って帰ったり、実家から置くってもらう半生うどん(メイドイン香川)をいただいてます。
釜揚げうどんが1番人気。
天ぷらをつけて釜天、というパターンが多いかな。
今日はかぼちゃの天ぷらとかき揚。
かき揚は小エビと筍、人参、玉葱、青みに薬味葱の小口切り。

かき揚は一口で食べられるような小ぶりのが好みですが、わたしの小さな口では2口でパクリくらいかな(笑)
めんつゆは煮干(いりこ)出汁にみりん、酒、醤油、塩で調味。
わたし的には気持ち甘めのつゆにおろし生姜をたっぷり入れていただくのが好みです。

香川のうどんは煮干出汁とそれから生姜も欠かせません。
ざるうどんはもちろん、お店によっては温かいかけうどんにもおろし生姜がトッピングしてあるところもあります。

...などと、ウンチクめいたことをエラそうに言ってますが、これのはまぎれもない手抜き料理です。^^;
メニューを考えるのが面倒だったり、時間があまりなかったり、ごはんに手間をかけたくないときに登場!です。家族は結構喜びます。
たかがうどん、されどうどんです。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-24 22:42 | Kitchen
2006年 04月 23日
テニス、試合でした。
なんだか更新非常に滞ってますね^^;

今日は息子のソフトテニス春季県大会でした。
c0045882_19572627.jpg
お天気も曇り空、全体的にスムーズな試合運びで午後2時には終了。
付き添いの保護者としてはラクでよかったです(笑)

母23センチ、息子25センチのテニスシューズが物語るように(↑ 写真)そろそろ徐々に子離れの時期に入ってきたと感じています。

今回は(も?)結果は悲惨で、本人たちも珍しく終了後目が潤んでいたみたいです。
「もう6年生、小学生最後なんだからあと数回の大会、自分自身後悔のない試合をしなさい」と思い余ってふたり(ダブルスなので)に言うと、ほんとに珍しく素直に頷いていました。
今回はさすがに悔しかったみたいです、息子もペアの子も。

悔しい思いも大事な経験。
監督やコーチに叱られたり、褒められたり(褒められることはないか...)、ペア同士助けたり助けられたりで試合をこなして、自分なりにはがんばってるつもりでも壁は高くて分厚くて。
それでも努力した分それだけは必ず報われる、と思っています。

...なんだか、自分に言い聞かせてますね(笑)
子どもに学ぶところ多し。
子どもの経験は親にもいい経験ですね。

上手くいって笑えることも、思い通りに行かないことも、悔し涙を飲むことも、もうやめようと思うことも、いろいろですが、とにかく続けること。
続けることが大事なのだと思います(...これまた子どもじゃなくて自分に言いきかせてる^^;)


これは妹18センチ、兄25センチ。
c0045882_21484064.jpg
その差7センチ。
でも対等で、この頃ケンカが絶えません。
娘の方はオマセで偉そうなことばかり言うくせに兄が大好きで事あるごとにひっついて、そんな妹を真剣うっとうしがってる息子はニキビ面にオッサン声。
家族のかたちも少しずつ変わってきてる今日この頃、舵取りもそうそう簡単ではないな~


今回は前日の夕食、カツにしなかったので、母もちょびっと後悔。
今度からはマンネリでもなんでもカツを食べて勝ってね、ってこういうときだけ縁起かつぎ^^;
親心っていうやつですかね。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-23 22:06 | ちるどれん
2006年 04月 18日

スーパーの店先に筍が出てき始めました。
c0045882_18213519.jpg
とりあえず、蕗や高野豆腐と炊き合わせ。
端の方にちょっと見えるのは鰹のたたき。
岐阜では冷凍ものはよく見かけますが、生の鰹は出会えればラッキー。
炭の匂いの香ばしさを感じるのは最低条件です。

最近、揚げ物やお肉よりもこういう和食志向。
子どもたちも影響を受けるのか、メニューに悩んで「何が食べたい?」ときくと、
「焼き魚と納豆と味噌汁とほうれん草のおしたし」
渋好み~
体にはいいんでしょうね。それと家計にも。

桜も散り、ようやく春本番。
昨日誕生日を迎え(この年になるとさらっと流します、さすがに。そっとしといてやったください 笑)、まあちょっと気合入れて生きてかなきゃ!と密かに思ってるところです。
うれしいことも不愉快なこともいろいろあります、不惑の今日この頃も...戸惑う事多々あり。
「うぉりゃ~」とテニスボールをラケットで叩きつけたい日もあります(笑)が、今月は行けないなぁ~

がんばろう♥
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-18 21:07 | Kitchen
2006年 04月 17日
スコーンで朝食♪
昨日は久々予定の入ってない日曜日。
思いっきり朝寝坊しても昼食後の頭痛薬のせいなのか、風邪っ気せいか、だるくてだるくて、2時間しっかりお昼寝してしまいました。
お昼寝とドリンク剤の効果?か否か、夕食時には食事の支度とパンとスコーンの生地、同時進行でお子さま就寝後、スコーン焼きました。

今朝の朝食。
c0045882_2223360.jpg

レッスンでお土産に貰ったのとは、サクサク感が微妙に違うような気がしますが、息子に聞くと
「同じじゃない?おいしいよ」 ♪♪ (#^.^#)
今まで作った中では1番美味しいスコーンが焼けました。

最初にバターと粉を切り混ぜるのに、フードプロセッサーを使うのですがウチにはないので、バーミックスとパッターウェアで買った専用ボウルを使って混ぜ混ぜ。
レッスンのデモンストレーションのように「あっ!」という間には出来なくて、バターの小さなかたまりが若干残ってたような...
でも、手の温かい人は氷水で手を冷やして捏ねてください、と言ってた言葉が浮かんできて、とにかく素早く、バターが温まらないように混ぜ混ぜ捏ね捏ね。

c0045882_22372832.jpg
型抜きじゃなくて、丸めて成形というのも上手に焼くにはささやかだけれど大事なコツです。
夜焼いて、次の朝はオーブントースターで軽く焼いて、簡単レンジ苺ジャムやアップルジェリーなどをつけていただきました。
クロテッドクリームが欲しくなります。あと苺バターも。
カルピスバター、思い切って買わなくちゃ(笑)

朝ごはんにもいいです、スコーン。
また、作らなくちゃ^^
バターと粉を混ぜるところがミソ、ですよね、パルケ先生?
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-17 22:48 | パンとお菓子
2006年 04月 16日
スコーンと手作りジャム
月に1度のお楽しみ♪
パルケさんのレッスン、今月は「手作りジャムとスコーンで春のティータイム
c0045882_9284413.jpg
これはお土産のラッピング。
箱から手作りで、今回は前半し~んとしてみんな工作に夢中でした。
こういうの、大好きなので夢中になってしまいました^^


スコーンは、生まれてからたぶん3回くらい自分で作ったことがあるように思いますが、出来立てはそこそこたべられるのですが、ちょっと冷めると「・・・」
レッスンのはさすが!事前に作っておいて下さったものもサクサクで美味しい♥
バターと粉を切り込みながら手早く混ぜるのが重要みたいです。
レッスンではフードプロセッサを使ってあっ!という間に混ぜ混ぜ完了。(ほんとに文字通りあっという間でした)
前回バナナケーキにしろ、「混ぜる」という作業は美味しいケーキ作りにはとても重要なのだと、実感し始めた今日この頃です。


c0045882_9384484.jpgソースは4種類。
レッスンで作ったキャラメルリンゴジャム、レンジでお手軽にできる苺ジャム、そしてクロテッドクリーム
苺バターは苺ジャムとカルピスバターを半々混ぜたもの。バターがモノを言う、ということでカルピスバターなんだそうです。
器もかわいい♪



スコーンはお土産にいただいたものも大うけで、珍しく息子が「お母さんもこれ作れるんやな」とリクエスト。
作れるよ~、例のごとく全く同じにはムリだけど、そこそこ美味しくは作れるはず...
c0045882_9455361.jpg
さっそく作って優雅なアフタヌーンティーを楽しみましょ♥
ガツガツ食べないでね(笑)
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-16 09:50 | Lesson
2006年 04月 14日
鳩の赤ちゃんを拾う。
風邪ひきと忙しさで更新滞ってます^^;
覗いてくださってありがとうございます。皆さんのところにもなかなかうかがえなくて...

鳩の赤ちゃん(こども?)
c0045882_20273620.jpg
庭に落ちてました。
目が合っても飛んでいかない鳩が1羽いるので、不思議に思って視線を落とすと、門柱の影に小鳩が...母鳩が心配してそばについていたのでしょうがどうすることも出来ず。
たぶん、先日の黄砂の日かその後の強風の日に巣から落ちたのでしょう。

???

「巣から落ちた」?巣はどこに...?

c0045882_2035771.jpg


ここでした。
この木の中に巣らしきものが。


どうりで最近庭でよく鳩を見かけるし、ここいらあたりに鳩のフンがたくさん落ちていたわけです。
このなんとかいう針葉樹も植えたときはほんの小さくて細い木だったので、まさか鳩が巣をかけるとは思ってもみなかった。
鳩って小鳩でも結構大きいです。
知らぬ間に立派に成長したのね...(しみじみ)





地面に放っておいては雨が降ったら濡れるし、何よりウチの庭はご近所の猫の通り道にもなっているので大変です。
考えた末、小さなプランターカバーに園芸用のわらを敷いて木製のラティスにS字フックで引っ掛けました。
小鳩は恐れてくちばしで威嚇してましたが、わたしだって地面の彼を両手でつかんでプランターカバーに入れるのは怖かった~
c0045882_20405014.jpg
翌日、母鳩も来ていたようなので、ここで成長して巣立ってくれたらと思います。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-14 20:51 | Garden
2006年 04月 11日
埼玉遠征と女子高生との対決!
甲州銘菓、信玄餅
c0045882_208794.jpg
先週金曜の深夜からソフトテニスの埼玉遠征の息子のお土産です。
餅米粉と砂糖のお餅に黒蜜をかけてきな粉をまぶしていただきます。
なかなかおいしいですが、6年生、埼玉遠征も今年最後で、信玄餅も今年最後?

今回は親抜き、息子だけでの参加です。
土曜の早朝向こうに着いて団体戦。2日目は個人戦で終了後帰路に着きます。
今年は日付が変わって、月曜の午前0時半ごろ帰宅でした。
もちろん月曜日は学校。今年は普段どおりちゃんと起きて登校しました。成長したな~

親がついて行かなかったからか、今回はゲームを楽しめたようで、帰宅後いつになくご機嫌、饒舌でゲームのこと、コーチのこと、いろいろ話してくれました。


日曜日はワタシも試合でした^^;
先週だったはずの大会が雨で延期で、息子の合宿に着いて行ってくれたNさんの代わりに急遽出場です。
ここのところ、忙しくて練習にも参加できてないのであまり気が進まなかったのですが、Nさんには埼玉で猿軍団の息子の面倒を見てもらうという負い目(笑)があって二つ返事で承諾...したのが甘かった??

いざ会場についてみると、な、なんでぇ~~
わたしたちぺアだけ現役女子高生の中にぽつんと入れられてる...
ゲームのノリが違うんです。
オバサン同士の試合とは違う。
彼女たちは超真剣。笑いのない試合...(当たり前か...)
わたしたちペアを相手に、二人で作戦をたててるし、チェンジサイドの度に監督らしき人からコーチング...わたしたち相手にどんな作戦が要るというの?
背後では応援団が黄色い声で歌を歌ってるし。(イライラするったら!)
球は速いし、右に左に前に後ろに振ってくる、年齢差20歳以上というのに(涙)

言うまでもなく、結果は全敗でした。

翌日はここのところ味わったことのない豪華な筋肉痛を堪能できました。

17,8の小娘ごときに負けてられないわ、と密かにリベンジも考えてはいるのですが、娘が就学した関係で練習にも行けなさそうだし、女子高生との差は広がるばかり...
つい最近のことに思えるんだけどね、高校時代。(爆)
いつかリベンジ!胸に秘めて、明日の朝は子供たちの遠足のお弁当作ります!(笑)
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-04-11 21:31 | ソフトテニス


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧