<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2006年 03月 30日
春爛漫の卒園式~ママのファッションチェック(笑)
年によってクラス、学年の雰囲気は違うものです。
今年の年長ママは...?

家の前で息子に撮ってもらったショット。
c0045882_20503859.jpg
たぶん2月の終わり頃から、「卒園式、どうする?」が合言葉のように語られた今年の同級ママ(笑)
「キモノ?」「何色?」「どこで着せてもらう?」
ワタシもこの件に関しては久々にものすごーく悩み、頭を使いました。

職場の人に相談して、タンスをあさっていろいろ羽織ってみて鏡と相談、お財布とも相談して...
卒園式は地味目で、入園式は明るく、という方針を決めて、渋めのキモノを義母に貸して貰うことに落ち着いていたのですが、ちょっとトラブルで渋めの無地が間に合わない。
仕方なく、上のようなピンクの訪問着になりました。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-30 08:45 | キモノ
2006年 03月 29日
卒園式
20名、全員そろって無事卒園式を迎えることができました。
c0045882_14444060.jpg
これで、わたしも保育園に出向くことはなくなります。
うれしいような、ちょっとさびしいような...


今年の年長さんは2人目、3人目の子どもが多くて、ママたちも卒園式は2度目、3度目。
慣れたものよと思いつつ、一番前に座っていたのですが、卒園証書授与の時には、急に後ろの方から鼻水をすする音が聞こえてきました。
ハンカチで目頭を押さえて、危ない危ない。なんとか持ちこたえて、受け取った証書を持ってきた娘に笑顔でおめでとうを言えました。

園長先生のお話はこの1年間の楽しかった行事のこと、3月に入ってからのこと、グループ毎に園長室で一緒に給食を食べたことなど、子どもたちの1年間の成長の様子、先生とのふれあいなどを話してくれました。

ほんとうに、最後の最後まで、1日1日を丁寧に大切に子どもたちを見守ってくださったことがうかがい知れて、感謝の気持ちと感激でいっぱいでした。
園長先生、ありがとう。

年中から2年間担任だったさおり先生は、卒園児を送り出すのは今回が初めてだったということもあって、式の途中でも声が震えていたりして、ほんとに、泣いたら目の周りが黒くなる(笑)と必死にこらえるわたしにとっては大きな障害(笑)...
c0045882_15222168.jpg
式後教室で、絶対に涙でお話できなくなるから、と用意したお手紙を読み上げてくれました。みんなしーんとして涙声の先生の手紙に聞き入っていました。
最後に、2年前最初に子どもたちに読み聞かせてくれた絵本「おおきくなるっていうことは」をもう1度読んでくださって、そのあと、はじめてみんなに教えてくれ、最初に歌った歌「パワフルパワー」を先生のオルガンでみんなで歌いました。
こうして、そろってひとつ成長する子どもたちを送り出してくれました。

ほんとうに、こんなにも熱心に丁寧に保育をしてくれていたんだ、と改めて感じ、こんな先生方と出会え、一緒に過ごせた娘、そしてわたしもしあわせだな~と思いました。

とてもすてきな心に残る卒園式でした。

c0045882_153254.jpg
そして、今年の式はママたち、とっても華やかでした。
わたしもお着物で...
ママのファッションチェックは明日後悔、ではなくて公開予定です。ふふふ(^・^)
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-29 15:41 | ちるどれん
2006年 03月 28日
ばいこう堂の和三盆糖
讃岐のお土産、ばいこう堂の和三盆糖の干菓子。
c0045882_22385338.jpg
春らんまんという商品。おうち用。
土筆や筍、たんぽぽに桜、蝶々にてんとう虫...可愛くて食べるのがもったいないくらい。
でも、娘が帰ってきたらきっとすぐ無くなっちゃいますが。


昨日、卒園式後、荷物の準備やお土産の買い物。
パパが帰宅するまで時間が充分あるので、バレエのレッスンにもしっかり行って来て、夕方6時半に香川に向けて出発。
途中1回食事休憩を取って、約4時間半で実家に到着。
到着後、恒例の軽い酒盛りをして就寝でした。


上の息子の方は1歳半から親元を離れて1週間くらい祖父母宅にお泊り、学校に上がるまでは頻繁に実家にひとりで泊まって、祖父母が岐阜まで送ってきてくれていました。
学校に上がってからも、あえてひとりでキャンプやスキー合宿に(嫌がるのを半ば無理やり?)参加させ、今ではテニスの合宿などで親抜きの小旅行は慣れたものです。
(最近では親(特に母親)抜きのお出かけの方がいいみたいです...)

あ、実家には本人が望んで、岐阜に遊びに来た祖父母について行ったりしていたので無理やりじゃないです、念のため。

娘の方は、今回が初めて親元を離れてのお泊り体験。
卒園式のあと、讃岐に行く♪ととっても楽しみにしていたのですが、いざ着いてみると、「ママも1回は一緒にお泊りするよね」とちょっぴり不安そうでした。
今朝も、母のうるさい小言からしばらく開放されるうれしさで浮かれ気味の息子とは裏腹、借りてきた猫のようなおとなしさ。
やや心配ではありましたが、本人、ちょっと不安だけどパパとママと一緒に帰るのはイヤ、らしくて、頼れるのか頼れないのかよくわからない兄も一緒ということもあって、小さな勇気を出してみんなでランチのあとバイバイしました。

週末、またお迎えに行く予定です。
兄妹ふたり、少しは成長して帰ってくるかしら...?


今夜から数日静かな夜です。
c0045882_230738.jpg
これはばいこう堂の和三盆のどら焼き。
生地が茶色です。しっとりとしておいしい。

卒園式のことは明日にでも書きます。
しばらく長い夜を過ごせます^^
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-28 23:12 | お出かけ
2006年 03月 26日
ぼちぼちアップになりそうです^^;
なんだか、PCからもカメラからもちょっと遠ざかっていた週末。
明日はいよいよ娘の卒園式です。
なんだかこれで一区切りできる気がします。

今日は午後から娘の習ってるバレエ団の本部の発表公演を観てきました。
今年は「白鳥の湖」
前から2列目で母娘ふたりでじっくり2時間半堪能してきました。疲れた~(笑)
大人の演技はやはり優雅で美しいです。
やっぱり難しいな~、クラッシックバレエ。
安定した演技が出来るようになるにはやっぱり年季がかかるんだ~と感じました。

明日は卒園式後、夕方パパが帰宅してから四国の実家に子どもたちを送って行きます。
1週間ほど祖父母と孫の楽しい日々が進級のお祝い代わり。

やっぱり入学式、そしてたぶん5月の連休くらいまでは心配と多忙の日々なんだろうな~

明日は早いので、これでおやすみなさい^^v
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-26 21:38 | ちるどれん
2006年 03月 22日
蕾がいっぱい
クロッカスが紫色の花びらをひろげそうになっていました。
c0045882_20401011.jpg

ここのところ寒い日が続いていて、あまり寒すぎると庭に出るのも億劫ですが、日差しのある朝など散策するのは楽しいものです。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-22 20:52 | Garden
2006年 03月 21日
春分の一日
夕方、パパと一緒にお散歩に出掛けた娘が菜の花を摘んできてくれました。
c0045882_2294869.jpg

今日は午前中は息子のスポーツ少年団の入団式。
その後、練習があるのでお弁当持ちで連れて行きました。
全体の入団式後、ソフトテニスの入団説明会とスポーツウェアなどの購入(かなり安くなってるのでこの機に購入です^^;)

息子は午後まで4月の遠征に向けての練習。
わたしは帰宅後お昼をすませて、職場へ。
といっても、仕事ではなく、卒園・入学式で着るキモノの小物あわせの相談です。
若手営業の弥生ちゃん
気っ風のいいしっかり者のおねえちゃん風の彼女のセンスは、レースやラメ、派手めの柄×柄を上手に着こなして、わたしには思いもよらない驚きの数々。

今日もかなり時間をかけて、手持ちの着物と帯に重ね衿と帯〆や帯揚げをとっかえひっかえ合わせてくれました。
結局、今日は彼女に相談しなければ、手にも取らないであろう重ね衿をお買い上げしてしまいました~でも、これが予想外にすてきなんです♪
キモノ姿に関しては、後日アップしま~す^^

夕食時、なぜか妻に麦酒を勧めるオット。それを制止する息子(笑)
昔、お酒のTVCMで「女房酔わしてどうするつもり?」とかなんとかいうのがあったような記憶があるのですが、ほんとにその通り
酔っ払うと(あまり強くないのですぐ潰れる)食後の洗いものや片付けが滞る。
娘をお風呂に入れて早く寝かさないといけない。
女房が酔っ払うと、それらの仕事は誰がするんでしょう???

彼の行動は読めない。

ついさっきまでぐだぐだしておりました(恥)

こういう父母の姿を見てるから、息子は「ぼくは結婚は絶対しない」などというんでしょうね...

週明けすぐ、月曜日が娘の卒園式です。
なんだかちょっとそわそわしてます。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-21 22:49
2006年 03月 18日
レッスン:春のバナナまつり
パルケさんのレッスンでした。
c0045882_21515257.jpg
今日はバナナケーキのレッスン。
バナナのケーキは何度かトライしてますが、なんだかべちゃーっとしたり、ウイロウみたいにかちっとしたり、上手くいったためしがない。
なるほど~と思えるささやかだけれど大事なコツの数々を今日もしっかり習ってきました。


今、巷で人気のバラの花のシリコン型で焼かれたバナナケーキ。
c0045882_21545996.jpg
かわいいです♪
欲しくなります。
1個が案外大きくて、お腹も膨れました^^;

バナナは南国のフルーツなので、体を冷やすとのこと。
あまり食べ過ぎない方がいいんだとか。
確かにたくさん食べるとわたしはお腹が痛くなるなあ~

いつものごとく、楽しいおしゃべりじゃなくて、レッスンで、今日は“ピンク”で大いに盛り上がりました(笑)

このレッスンに行くのにウチからはクルマで1時間近くかかるのですが、生徒さんが皆さん常連さんで親しくさせてもらってるブロガーさんもいて、とっても楽しい^^
最初はお菓子をちょこっと習ってみよう、というのがメインの目的だったのですが、最近はお菓子作りはついでで、おしゃべりやお菓子やパン情報、いろんな年齢・環境の方からの刺激をもらいに行ってるといっても過言ではないかも(?)
なにせ、こちらではわたしは“マダム”の年代...
今日もピンクグループじゃなかった...わたしもピンクにしよっかなぁ...(笑)
もうひと花咲かせるのも、♪それまた~人生~~♪(またまたバカな発言を...)

それはそれとして、
今回はラッピングがベリーグッドで、パルケさんが数日悩んだだけのことはある!
c0045882_22252744.jpg
100円ショップで売ってる髪をくくるゴムを使って、かわいく実用的にラッピング。
これ、個人的にとーっても気に入りました。
他にもいろんなアレンジで皆さん仕上げていました。

お土産に貰ったバナナケーキ、今いただきながら書いてます。
とってもおいしい^^
次回はスコーンとジャム、今夜予約を入れないといけないんだけど、4月の日程がまだよくわからないんですよね~ どうしよ???

これは何かな?
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-18 22:43 | Lesson
2006年 03月 17日
金曜日の妻たち...
ここのところ、調子がいまひとつ。
木の芽時のこの季節のせいなのか、娘の卒園・入学への寂寥感からなのか...
物事に対して積極的なやる気が湧き上がってこない。
日々のこなすべきことは一応こなしてはいるのですが、なーんとなく元気がない。
元気がない、といっても凹んでるとか、ブルーなの...とかじゃなくて、なんとなくなのです。

子どもに対して強い思い入れのあるタイプじゃないはずなのですが、例えば娘の新しいランドセルや黄色い通園帽子に名前を書いたとき、あるいは食事時おかわりの茶碗を渡す時の息子の(わたしより)大きくなった手が目に入ったとき、無意識層からなんとも言えない寂しさのような感情が一瞬顔をだしてくるような。

子どもたちの成長は、初めて母親になった頃のわたしが待ち望んだことでした。
子どもべったりじゃなくて、自分の時間が持ちたい、母でも妻でもない私自身としての自己実現。

少しずつ、子どもたちから手が離れ、自由な時間が持て、ささやかな夢を追ってみようか、などと私自身の可能性の小海原が目前に広がっているような気がしてきたこの頃なのですが、ここのところちょっと不調...
やっぱり、我が子の成長というのは、うれしい反面寂しさもついてくるものなのかしら?

と、今夜はあまり感慨深くもしてられない。
ふふふ♥
これ、買ったので見ま~す。
金曜日の妻のトキメキ...

人生、何が起こるかわからない。
その時が訪れて、躊躇してチャンスを逃さないように、オットの許可も得ております(爆)
となら温泉1泊旅行、OKです!
誘われたら、ワタシ、行きます!なにしろ、夫の許可ありなんだから。
ちなみに交換条件で、オットさまは叶姉妹と温泉1泊旅行、妻、許可しました。
(バカな夫婦...)

では、行けなかったコンサート、今から見ま~す♪
皆さまのところには明日伺います♥
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-17 22:19
2006年 03月 14日
ホワイトデー
ホワイトデーは文字通りホワイトデーとなりました。
c0045882_22234647.jpg
クロッカス、もうまもなく開花です。
朝起きると、雪景色。屋根の上などは10センチくらいあるかな?
先週タイヤノーマルに替えちゃったよ~
でも、道路や地面は白くない。
地熱で雪はとけるみたいです。
春ですね。

「岐阜県山間部は雪」と天気予報がでると、なんとも悩む微妙な地域に住んでいます。
c0045882_22322317.jpg
これはわが家の北側の景色。
北に向かうと「山間部」。スキー場なんかもあります。
写真左の山が「池田山」といって小学校の校歌にも出てくるここいらあたりの象徴ともいえる山です。
春には桜の花でピンクに染まります。
田舎の景色ですが、結構気に入っています。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-14 22:42 | Garden
2006年 03月 13日
おいしい味噌汁について
味噌汁です。
c0045882_21324915.jpg
具は葱と薄アゲ、えのき。

ここのところ、コドモネタばかりで恐縮ですが、息子作の味噌汁です^^

月曜日は下の娘のバレエレッスンで6時過ぎに帰宅するので夕飯の支度がバタバタします。
「味噌汁とごはんくらい炊けるでしょ。お手伝いしてよ」
と前夜に言ってみたら、「わかった」となぜかすんなり返事が返ってきました。
(また、何かしでかしてるのかな...?)

材料を流しのところに用意して、鍋に水と煮干を入れて出掛けました。

2学期に家庭科で葱と油アゲの煮干出汁の味噌汁を習ってきて、何度か作ってくれているのですが、わたしの不在時に作るのは初めて。

案の定、野菜やアゲの入ってた袋や出汁をとった煮干が散乱、包丁もまな板も使いっぱなし、ガスの周りには焦げた葱の小口切りが転がっていましたが、味噌汁はとてもおいしく出来ていました。

「おいしい♪」
と褒めると、ちょっと照れ笑いで、
「味見をしながら味噌を少しずつ入れるから当然」みたいなことを言ってました。

なるほど、味見をしながら味噌を少しずつ入れていくとおいしい味噌汁ができるんだ~

味噌汁の味見などしない母^^;
ひとつ、学習しました(笑)
おいしい味噌汁を作るには、味見をしながら味噌を少しずつ入れること。
でも、やっぱり味噌汁は一発勝負!が信条の母の生き方は変わりませんから、また、時々おいしい味噌汁作ってね。


最後まで読んでくださってありがとう。
息子をご存知の方にお願いです。
この味噌汁の記事の件はどうか内密にお願いします。
写真を撮ってると「ブログには載せてくれるな」と注意されましたので...
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-03-13 22:13 | ちるどれん


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧