<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2006年 01月 30日
誰になんと言われようとコレがスキ♪
今日の新聞に興味深い記事が...

耳あかの乾湿 DNAが決定
長崎大教授ら発表(中日新聞1月30日)

記事によると、耳あかにはドライタイプとウェットタイプがあって、どちらのタイプになるかはDNAの塩基配列の違いで決まるとのことです。

そして、驚いたことに、「耳あかとは本来湿っているものであって、乾燥したタイプは耳あかではなく、単に皮膚がはがれたもの」 なんだそうです!

ちなみに、わたしはドライタイプ。
オットと息子はウェットタイプなので、耳かきは使わず綿棒でお掃除しています。
娘は、わたしと同じでドライタイプです。

実は、わたし、耳掃除が大好きなんです...
特にドライタイプ。というか、ドライタイプじゃないとイヤ(笑)
だから、娘の耳掃除は比較的頻繁に(取れそで取れない大物がいるときにはほぼ毎日)、半ば強制的に寝転ばして掘ります。
大きいのが取れると快感で、「ほら、こんなに大きいの♪」と見せて得意がってるうちに、娘の方も大きい耳あか(耳あかじゃなくて皮膚のはがれたものですね)が取れることが大変良いことのように思い始めたようで、ふたりで耳あかを見てにっこり^^

オットと息子のはウェットなので触りません。
男性の耳掃除をする、というのはどうも趣味に合わないし、息子の耳穴でさえかなり大きくて、奥の方まで簡単に見通せて、耳かきもすんなり入っちゃうので、耳掃除の醍醐味である困難な状況下で大物を掘りあげるヨロコビがないのです。


新聞記事の話でした^^;

で、ドライタイプの耳の人は“突然変異”なんだそうです。
耳あか(ウェット)が出るのが本来で、わたしや娘は「ABCC11」というたんぱく質が合成されない「突然変異」の人のようです。
ABCC11が合成されないことによる弊害は今のところ不明だが、このたんぱく質は特定の抗がん剤などに対する抵抗力に関係して」るんだそうです。

要するに、抗がん剤を使用したときの副作用の現れ方が非突然変異の人と突然変異の人とでは違ってくる、ということかな?


この教授、新川詔夫長崎大教授(分子医療)も耳掃除がお好きだったのでしょうね~
耳あかに学問あり、耳あかひとつもばかにしてはいけませんね(笑)

耳掃除好きには興味深い記事だったので、ご紹介してしまいました^^;
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-30 22:07
2006年 01月 29日
愛のロールキャベツ
夕方息子がキッチンをのぞきにきて「今日のご飯何?」
c0045882_21353570.jpg
「ロールキャベツ」
息子、「お父さんが昨日食べたいって言っとたな」と言うと、きびすを返しておもむろにポツリと「仲良しやな」...

そうそう、確かに昨日オットは「ロールキャベツが食べたいな~ でも(作るの)面倒?」とか言ってました。

ただ、わたし的にはオットさまのご希望で今日の夕食をロールキャベツにしたわけではなくて、「土曜か日曜の夜にロールキャベツを作ろう」と思って、挽き肉や大きなキャベツを買っておいたのです。
土曜日はテニス少年団の練習の当番が当たっていて、夕方5時から7時まで張り付いてなければならなかったので、簡単にパスタにして、ロールキャベツは今日の夕食にしたわけです。て、こんな風に書くとまるでテニスのお当番の後、わたしが急いでトマト味のスパゲティーを作ったようですが、作ったのは留守番をしてたオットさまです^^;
重ねて、言い訳するわけじゃないですが、スープとサラダは出かける前に用意して行ったので、作ってもらったのは茹でたてアルデンテじゃないとおいしくないスパゲティのみです。
...ああ、作らなかったことへの言い訳を常に考える哀しい主婦の性(さが)...

息子的視点では、お父さんの食べたいものをすぐに作ってあげるお母さん=仲良し、となったようですが、さらに推測を重ねると、オットの昨日のロールキャベツ願望も恐らく冷蔵庫の中の材料を見て、無意識に「ロールキャベツ」を思い浮かべた結果だと推察されます。

くどい解説を入れてしまいましたが、ま、子どもたちには夫婦愛のロールキャベツということにしておいた方がいいかな。


そういえば、ブログ初めて1周年です。
1年でいろいろ環境状況変化多々ありです。
ブログのおかげで出会えた人、もの。考えたこと。ハマったもの(ふふ♪)。
PCの前になかなか座れなくて毎日更新(最初は目標にしてた^^;)できなかったりですが、皆さんのところで元気もらって、コメントでまたうれしくなって、自分の世界広く深くなっていく感じです。
これからもぼちぼちですが、日々の暮らしの小さいしあわせを綴ってゆきたいと思います。
これからもどうぞよろしく。
と、改めてあいさつなんかするとちょっと(照~~)
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-29 22:18 | Kitchen
2006年 01月 28日
ベーグルとオードリー
c0045882_23521531.jpg

ベーグルを焼いてみました。
フランスパン用強力粉に薄力粉とライ麦粉を加えて、成形後ゆでてから焼きます。
たぶん、2回目、かな?

成形が苦手で、今日もこんなおでぶでベーグルには見えない???

c0045882_2357083.jpg

今は久々に「ローマの休日」観ながら、出来立てのベーグルをつまんでみたら、おいしかった^^
形は悪くても、あのもちっとしたような食感とライ麦の香りが美味でした。

ROKOさんのところで、ヘップバーンの記事を読んで、なんとなく思い出してDVD引っ張り出してきました。
まだ、途中なので、続きはあとで。。。

翌日、続き...
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-28 23:51 | パンとお菓子
2006年 01月 27日
スフレショコラ?
c0045882_22421624.jpg

なんででしょう?
パルケ先生に習った通りに(たぶん)やったつもりなんだけど…

スフレ、割れました。

食感がふかふかじゃないし。

まあ、これはこれでおいしくたいらげてくれましたが。
やっぱり、「チョコレートのお菓子は焼く前からおいしい」は真理ですね。
ボウルやホイッパーの後片付けも、頼まなくても舐め上げてそれはそれはきれいにしてくれます。

あとで、メールで聞いてみなくちゃ^^
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-27 22:52 | パンとお菓子
2006年 01月 23日
玄関にねこやなぎ。
ねこやなぎ。
赤くかたい花芽の殻がかぱっと割れて落ちて、中からふかふかの蕾(?)が現れます。
c0045882_20185763.jpg

蕾、ですよね?
このふかふかから花弁みたいなのが出てきて、開花(かな?)しますもの。


c0045882_2131252.jpgいつも買い物に行くJA運営の農産物販売所で1束¥200で買ってきました。
ワイルドな枝ぶりで、切るのも蕾がぽろぽろ落ちそうなので、まとめてえいやっ!と玄関先に生けました。

家の中だと、この時期は暖房でお花もすぐにだめになります。
トイレと玄関は持つかな~ 

生花があると部屋の中が明るくなりますが、今の時期、庭に咲いてる花はほとんどないので、たまにこうしてリーズナブルなのを買ってきたりします。


c0045882_21511090.jpg




         今は玄関、こんな感じ。→









c0045882_21532434.jpg玄関灯にツルウメモドキを絡ませています。
これは、昨年11月くらいにJAの販売所で買ってきました。
ヘアスプレーをかけたら実が落ちないと聞いて、ほとんど使わずドレッサーの奥で眠っていたケープスーパーハードスプレーをシューしといたら、2ヶ月たっても色鮮やかで実もほとんど落ちていません。
今年はヒヨドリも山の食糧が豊富なためか、うちの庭にはほとんど来ないし。
例年なら、玄関先のこういうスプレーコーティングの木も実でさえついばみに来るんです。
もちろん、まずいのでついばんではペッペッとその辺に落としていくんですが。


そういえば、一昨年の秋は熊まで人里に下りてきて結構大騒ぎでした。
熊って、ほんとに熊だったのかなぁ~とやや疑問ですが…(アライグマとかじゃない?)
ちなみにアライグマは日本原産じゃないんですよね。ペットが野生化したらしい。
ここ数ヶ月にわたし、何度かアライグマらしき小動物を近所で目撃しています。
隣の隣の奥さんも見たらしいので、それらしい生き物がご近所で生息してるのは確かです。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-23 22:17 | Garden
2006年 01月 22日
芽が出てきました。
c0045882_20282279.jpgまた大雪との予報でしたが、昨日も今日も降りませんでした。
今日は午前中はとてもいいお天気でした。
12月に雪国状態だったのだから、いっそのこと前倒しで春になって五月くらいの気候で足踏み状態なんていいなあ…て、そんな都合よく運んだあとにはまたツケの支払いが回ってきそうなので、もうちょっと冷たい冬を耐えます。
案の定、午後遅くから急に冷たい風とみぞれだか雪だかが横殴りに降ってきました。
この頃、天気予報は信じません。
肌で感じる感覚と虫の動向の方が確実。(ワイルドでしょ ^^;)
肩凝りひどくなってきたから降るかも…


1ヶ月近く真っ白だった地面が本来の色になってみると、春の兆しがここかしこに見つかります。
芽が出てはじめて思い出す球根の定位置。
スイセンの芽です。
何色だったかは、咲いてみないと思い出せない。
早咲きの白い小さいのはもう蕾がついているので、これはたぶん黄色い大きいの。たぶん。

アネモネの葉っぱ。
c0045882_20433861.jpg
なんか、ワラビっぽいところがすごく好き。
ワラビっぽくないですか?(笑)

この時期の植物の芽はお花以上に感動的に美しいと感じます。
庭の散策や近所のお散歩が楽しい季節にそろそろなろうとしています。

ソフトテニスのサークルでユニフォームを新調しました。
若草色のシャツにグレイのスコート(!)
内心ちょっと楽しみ…反面、これを機にダイエットもしなくちゃと、毎年のことながら春になるといろんな決意の芽もそろそろ出始めてきます(…)
のびのびと伸び、立派に花開くことを、切に望んではいるのですが(-_-;)
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-22 21:17 | Garden
2006年 01月 21日
レッスン:チョコレートペーストでバレンタイン♪
アトリエ・ドゥ・シュークル、パルケ先生の手土産スイーツレッスン。久々の参加でした^^
c0045882_19254548.jpg
製菓用チョコレート、生クリーム、牛乳、洋酒で作った特製チョコレートペーストを使ったスフレショコラナンシー風ケークショコラを習ってきました。
写真はスフレショコラのイチゴアイス添え。
ライトなお味のチョコレートスフレとベリー系アイスクリームがベストマッチ。


c0045882_2134534.jpgスフレはバターが入ってないので、くどさがなく、軽いおいしさ。
作り方も簡単(に見えた)で、家族全員大好きなチョコレートのお菓子なので出番多そう。
スフレというと、焼きたてぽわ~んをすぐにいただくものと思っていたのですが、冷蔵庫で冷やしてからの方がよりおいしいみたいです。チョコが入ってるからかな?


c0045882_21435659.jpgケークショコラ、訳すとチョコレートケーキ(訳は不要ですね…^^;)ウチでは「ケークショコラ」というと「???」でした…
先生が手土産用に用意してくださった台にアイシングやナッツ、ドライフルーツでデコレーションします。
みなさん、独創的ですてきなデコレーションでした。



c0045882_22242295.jpgわたしのはお手本通り…デコレーションは苦手。
ナンシー風というのは南仏の地名で、アーモンドの産地なんだそうです。
訳すると、アーモンドパウダーの入ったチョコレートケーキ(しつこい? 笑)
勉強になります。
デコレーションとラッピングも苦手なので、ここでしっかり学習します^^


c0045882_2226696.jpg
今日のティータイムはコーヒーで。
お話してるとほんとにあっという間に時間が過ぎてしまいます。
お菓子を通じて、住んでる場所も年齢、職業様々な人が集まって、回を追うごとに親しくなってゆきます。



お菓子やテニス、保育園や学校、職場、そしてブログ、いろんなチャンネルを持って、その中でいろんな人に出会えて、親しくなれることはすてきなことだと思います。
いろんな人との出会い・交流はある意味生活の糧です。

手土産
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-21 22:42 | Lesson
2006年 01月 20日
お昼前、職場に娘の保育園からのケータイが…
こういうのって、一瞬のうちにいろんなことを考えてしまいます。

今朝は全然元気だったから怪我か、
おたふくの合併症の髄膜炎が送れて来た…?

「朝からえらいと言って、お布団で横になってるんですが、熱はないんですが誰とも遊ばないし、元気がないです」と担任の先生。
「1時過ぎに迎えに行きます」と仕事も中途半端なまま片付けて、お迎えに走りました。

こう見えて、かなり心配性のわたし。
道中、「胃腸風邪かな」から始まって
「髄膜炎?でも、熱がないし、彼女のおたふくは年末に完治してる」
「もしかしたら、肝炎か何かで入院?…落ち着かなくちゃ、まず、様子を見て、明らかにひどいようなら救急車を呼んで…大丈夫そうなら、近所のお医者の午後の診療に連れて行って…」
などと、いろんな考えが20分ほどの道中に、頭の中を飛び交いました。

行ってみて、「○○ちゃん、気持ち悪いの?」と聞くと、
小さな声で「気持ち悪くない…」

その顔を見て、ピンと来てしまうのはやっぱりこれでも母親なんでしょうか。
たぶん、お友だちと何かあったな…

先生にはたぶん体は大丈夫と伝えて、つれて帰りました。

帰宅後、聞いてみると、やっぱりお友だちのことで保育園に行くのがいやになったとのこと。
ウチの中ではワガママ娘ですが、外ではほんとうに嫌なことは「いや」といえない性格なんです。
思えば、上の息子もそうでした。
自己主張をしなさ過ぎる、友だちとは誰とでもうまくいっているが、本人が我慢してることが多い、と当時の担任の先生に言われました。就学したら、お母さんがしっかり見てあげてくださいとも。

やっぱり、親に似るのかしら…

そのお友だちも決して悪気ではないと、大人のわたしにはわかるのですが、6歳の娘にはそこまでわからない。
「嫌ならいやと言わなくちゃ」と言っても、「いやって言ったら○○ちゃんが泣くもん。泣いたらみんなが○○ちゃんどうしたのって聞いて、あたしが悪いって言われる」
と、そこまで考えてるのか~~
やっぱり、母と娘、基本的には(↑道中の妄想)似てる???

とりあえず、先生とお友だちのママにお話してみようと思います。

病気や怪我じゃなくてよかったです。
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-20 23:25 | ちるどれん
2006年 01月 19日
朝ごはんのホットケーキ
c0045882_19243084.jpg
今日は久々の平日休み。
その上オットも息子もおたふく完治で出勤・登校。
朝ごはんは久々ホットケーキを焼きました。
タネは昨夜作って冷蔵庫で寝かせておきました。こうするとおいしいんだとか。
朝、焼くだけですむのでラクです。


娘、いつもは小さく切って出すのですが、今日は自分でカットにトライ。
写真撮ろうとしてたら、うまく切れないと不機嫌な様子です。
(写真もブレてます^^;)

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-19 11:53 | Kitchen
2006年 01月 18日
祝・おたふく治癒
やっと明日から登校できます。
ほんとに長い冬休みでした…

パパの方ももう出勤しても大丈夫みたいで、ホッと一息。
でも、彼の方は食事の時などまだ痛むらしいんだけど…

熱もなくて、耳下のリンパが食事やちょっとした時に痛むだけなので、本人は全然大丈夫なのですが、大人、時に独身男性に移したりしたら責任重大です。
明日はマスクをして、特に若い同僚とは距離を持って働き、定時で即行帰宅ですね。

わたしの方も年明けからアルバイトがちょっと忙しくて、ばたばたでしたが明日はお休みなので久々にソフトテニスで体を動かしてこようと思ってます♪

ほんとにこれでやっと普通の日常に戻れる…(涙)
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-01-18 22:45


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧