<   2005年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2005年 08月 30日
ピンホールカメラ
明日は8月31日。
学校に行ってた頃は子供心にも人生の無常を感じて(笑)、嫌な時期でしたね~
今は夏の始まりにワクワクして、夏休みの終わりにもワクワクできる、大人っておいしい♪
明日で夏休みも終わり、子どもは学校へ、わたしは夏休み前の暮らしへ。
…うれしい。(しみじみ)

宿題。
自分のより子どものそれの方が厄介かもしれません。
やらないんです。
自分の宿題ならやってないならやってないで、なんか開き直れるのでしょうが(わたしはちゃんと宿題やってましたが)、子どもにはやると決めたことは最後までやらせないと彼の人格形成に悪い影響を与えるのじゃないか、などと神経質になってしまう。

科学作品として、ピンホールカメラを作って、撮影・現像しました。
息子は理科系は好きみたいで、普段から電気系の工作はいろいろやっていて、ピンホールカメラもオットと楽しみながらやってました。
天候に影響されるのと、オットじゃないとうまく出来ないところもあって、ぎりぎりまで奮闘しましたが、無事撮影・現像できたのです。
が、宿題なので結果を提出できる状態にまとめなければなりません。
まとめの助言はわたしの仕事…これが、また厄介な仕事。
針穴がカメラのレンズになる仕組みを息子に教わりながら、わたしがまとめる…

c0045882_17592255.jpg光を通さないようプラスチックの箱に黒いラッカーを吹き付けて、アルミ缶の破片に直径0.5mmより小さい穴を開けたものを取り付けます。
箱の中には針穴以外から光が入ってはいけません。
箱の中にカットした印画紙をセットして、天気のいい日に30~40秒。
左のような白黒反転写真が出来上がります。
上下左右も逆に写っているのです。
暗室で現像して出来上がり。
不思議~



c0045882_18443860.jpg
こちらは、上のネガフィルム(印画紙ですが)に新しい印画紙を重ね合わせて、光を当ててプリントした写真。
ポジというのかな?
白黒、左右が自然のままになりました。
レンズじゃないだけで、ふつうのカメラと原理は同じ…なんだそうです。
不思議~





坊っちゃん、カメラの仕組みは理解してるようなのですが、それを言葉で説明するのが難しいらしい。わたしはイマイチ完全に理解してないし…
結局、まとめもこの週末パパの助けを借りました。が、彼も息子と同じくまとめるのは好きじゃないようで、わたし的にはちょっと気に入らない部分も多々あるのですがまあこの辺で手を打ちましょう。
と、今年もとりあえず無事夏休みを終えることが出来そうです。
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-30 20:01 | ちるどれん
2005年 08月 29日
水郷祭り
すぐ近所の川べりで毎年行われる水郷祭り。
c0045882_13565494.jpg
先週の予定でしたが天候のせいで夏休み最後の日曜日に行われました。



c0045882_13591280.jpg夕方6時半。
毎年、地域の小学生は発砲スチロールなどで手作りした灯篭を川に流し、お菓子をいただきます。
灯篭は祭り中に船のおじさんが回収しますが、ろうそくを灯して川に流すのが小さい子たちには案外楽しいみたいです。



c0045882_142288.jpg近所の小さなお祭りです。
夜店もそこそこ。でも、やっぱり楽しみにしてます。
ビールで景気をつけて、いざ!踊りの輪へ。
子どもはパパに任せます。
実はわたし、盆踊りが大好きなのです☆
ほろ酔いで踊る、というのがとーっても楽しい。スローなのより、テンポのいい曲がいいですね~ マツケンサンバが今年はベストかな。


最後に花火を打ち上げておひらき。
住宅地の近くの小さな川のほとりなので、すごい打ち上げ花火は出来ないみたいですが、川を挟んで身近でみる花火もなかなかいいものです。
さあ、これで夏休みももう終わり。9月はすぐそこ。
がんばりましょ!

おまけ
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-29 14:25 | お出かけ
2005年 08月 27日
チョコのクグロフケーキ
小さいクグロフ型、かわいいです。
c0045882_22124994.jpg
ラム酒を塗ったところです。
息子が嫌がるので今回はレーズンなしで。
ラップで包んで冷蔵庫で寝かせ、この次の日いただきました。子どもたちは「おいしい」と言ってくれましたが、やはりラムレーズンが入った方がおいしいんじゃないかと思います。
ヘーゼルナッツパウダーというのがなかなか手に入らなくて、お盆休みに帰省したときに高松のクオカで買ってきました。

とにかく、焼きあがって型から出して感動です。
かわいいのです。どこかに忘れたかと思った乙女ゴコロを刺激するのです、このかたち。
最初に型に指でバターを塗って、強力粉を満遍なくふりかけておけば、焼き上がりするんと型から出てきてくれます。
こういうかたちはクリーム嫌いの息子のいる我が家にはちょうどいいのかも知れない…
いつもデコレーションなしのケーキ、せめて形くらいかわいくしてもいいでしょ♪

ふふ♪ 他にもいろいろ…
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-27 23:01 | パンとお菓子
2005年 08月 26日
映画鑑賞とスポーツの効用
皆さんのところは台風はいかがでしたでしょう?
木曜日夕方から夜にかけて大きいのが来るとのことで、ほのかな期待(!)を抱いていたのですが、岐阜は雨すら降らなかった…木曜夜は少々台風が来ようと大雪が降ろうと中止にならない、息子のソフトテニス室内強化練習があるのです。もちろん、蒸し暑い体育館の中練習はありました。昨夜はお当番も当たってたし。
c0045882_12275187.jpg
パンパスグラス(ススキの大きいの)の穂が出ています。
台風一過の蒸し暑さの中、秋の気配も目を凝らせばそこかしこ。
しばらくやや涼しかったのですが、また今日はじっとしていてもじと~っと汗が体に張り付く感じです。

昨日は母子3人で映画に行ってきました。
悩んだ挙句、娘の希望でポケットモンスター。
台風と夏休みの最後のためか、ガラガラの映画館。ゆったり見れましたが、反応はもうひとつかな。それにしても映画って高いですよね。割引券を使って3人で¥3100。アニメは半年くらいしたらTVで放送するしね。
息子はTVCMでみたニコール・キッドマンの「奥様は魔女」を見たがっています
昔TVのシリーズでやっていた(今もケーブルTVとかで見れますが)「奥様は魔女」は大好きで、ニコール・キッドマンのそれは興味があるので、水曜日の女性¥1000デイに2人で行って来ようかと思いつつ、意外としょーもなかったら嫌だなーと迷ってるところです。

夜は久しぶりに木曜テニスの練習のお手伝い(要するにボール拾いなどの雑用)。
蒸し暑い体育館で汗いっぱいかいて、冷たい水をごくごく飲んで、シャワーをあびて、ぐっすり眠る。気分爽快。家事のやる気も出てくるのです(笑)

9月から試合ラッシュ。今年は10月の広島遠征のメンバーにも入ってるらしいので応援に同伴しようかな(宿の食事がいいらしい)などと、計画中の母なのです。
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-26 13:12 | ちるどれん
2005年 08月 24日
鈴虫の声
鈴虫が鳴いています。
c0045882_22255345.jpg
帰省のお土産です。
いつからだったか、子どもの頃家にはずっと鈴虫がいました。
涼しくなってくるとひとつ、またひとつと死んでゆきます。冬の間、飼育箱に霧吹きして乾かないようにすると、初夏、また、たくさんの鈴虫が生まれます。
そうして、わたしの家にはずっと鈴虫がいました。

実家から貰ってきたのは、子どもの頃の鈴虫ではありません。
最初の鈴虫たちが毎年卵を産んで死んでゆき、また新しい命が生まれるサイクルを続けている間に、母は病に倒れて数ヶ月入院したり、わたしは大学へ入って家を出たり、そして最初鈴虫を世話をしていた祖母を見送ったり、いろんなことがあったなあ、と思います。
たまに、気温や湿度の状態が悪くて卵がかえらない年もありましたが、ご近所にたくさんおすそ分け(?)していたので、そういう年は分けてもらっていたみたいです。
祖母も亡くなり、わたしたち姉妹も家を出たあと、卵がうまくかえらなかったときから飼うのをやめていました。ご近所でも子どもは親になって、世代も変わって、鈴虫を飼っているところもなくなってきたみたいでした。母も持病のため時々入院したり、孫も生まれて不精娘(わたしです~)の手伝いなんかもあったし。
今回持ち帰ったのは、夏の初めに大阪の叔母が遥々持ってきた鈴虫です。

2日に1度くらい、きゅうりやナスを切って、竹串に刺して与えます。
昔はかつおぶしを入れていましたが、今はちゃーんと‘スズムシのえさ’があるので便利です。ミネラルとかいろいろ入ってて栄養があるみたいです。
持ち帰ってすぐは羽のあるオスが2匹くらいでしたが、その後どんどん脱皮して増えました。脱皮してすぐは真っ白い羽です。


祖母は犬や猫が好きの人でした(ということになっています)。
家では常に犬や猫、1~3匹を飼っていましたが、捨てられた野良にも残りご飯を与えていました。野良が集まってくるので、その頃母はよく愚痴っていました。「ばーちゃんが餌をあげるから…」 今と違うし、田舎ですから、訴訟だなんだはありませんが、ご近所の人みんなが動物嫌いでないとは限らない。陰口をささやかれることもあったのかもしれません。

祖母が亡くなってからは、母が野良に餌を与え、どうしてもどうにもならないコは飼っています。3匹飼っていた犬は今では1匹になり、祖母が懐に入れて育てた猫はたぶん来年くらい成人式です。野良のためにご飯を炊いてやり、外食で残ったものは野良のためにこっそり持参のビニール袋に入れてバッグの中に入れたりしてます。帰省中も近所の人から何度か「〇〇ちゃんとこは(動物が)好きやもんなー」といわれました。

わたしは、出来るだけ近づかないようにしてるかなー
鈴虫にしろ、動物は子どもと違って成長して独立しない、どう転んでも最期まで見取ってやらないといけない、ちょっと自信ないかなー
でも、どうしよもない捨て犬や猫に接してしまうと連れて帰ってしまうかもしれない…母を見てるとそう思います。
祖母の動物好きも、いわゆるペット好きとは違うと思うのです。なんだかよくわかります。


鈴虫の声を聞いていると祖母のことも思い出してきます。
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-24 23:25
2005年 08月 23日
モンキーブレッド
maicohさんのところで見てどうしても食べてみたかった一品。
c0045882_14231228.jpg
ここのところのジメジメ蒸し暑いお天気とお盆休み気分を引きずっているせいで、イマイチ気合の入らない日々…1次も2次もちょっと醗酵させすぎました。

maicohさんに教えてもらった本は見つからなかったのですが、別の本を借りてきたら、たまたまこのモンキーブレッドが載っていました。
ただ、天然酵母用のレシピだったので、「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」のリッチパンをアレンジして作ってみました。
生地を32等分して、バター、ラム酒、レーズン、砂糖で作ったシロップを絡めて2次醗酵。
ケーキ型のまん中に牛乳パック(また~)で作った円筒を入れて、シロップを絡めた生地とレーズンを入れて焼きます。円筒は火の通りをよくするためのようです。

c0045882_14335673.jpgmaicohさんのはバナナも入っているようですが、わたしのは要するにちぎりパンです。
モンキーブレッドというネーミングはどうやらお猿の好きなフルーツに形が似ているところからきてるみたいです。
でも、バナナが入った方がよりモンキーブレッドっぽいですよね。



c0045882_14364844.jpg
シロップに絡めて焼くので、もっとしっとりした感じかなと想像していたのですが、表面はカラリとしてました。
逆さにしてみると、しっとり甘くっておいしそうでしょ。



なんだか最近パンがお菓子化してます。
甘ーいパンばかり焼いてます。
食パンの作り方を忘れそうです。が、焼く気になれない、夏もあと一息のこの頃です。
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-23 14:49 | パンとお菓子
2005年 08月 22日
ペースト・ジェノベーゼ
ラムのグリル ペースト・ジェノベーゼ。
c0045882_2115889.jpg

前日収穫のバジリコをペーストにしました。
骨付きのラム肉は偶然スーパーで見つけたもの。めずらしいのです、この辺りでは。
買ってきた日に、赤ワイン、玉葱のすりおろし、にんにく、醤油、砂糖、塩・胡椒、オリーブ油でマリネ。丸1日漬け込んでいたことになります。
ラムは子どもたちはたぶん初めてだと思います。「パパが羊に見えてきた!」などと大喜びでした。
めずらしいのこともあって、とてもおいしくいただきました。


c0045882_21371794.jpgペースト・ジェノベーゼ。
バジリコの葉 75g  松の実 25g  
オリーブ油 120cc  にんにく 1カケ  
塩 小さじ1
フードプロセッサーを使いましたが、すり鉢ですりつぶした方がよかったかもしれません。
この分量で蓋がチェックのジャムの瓶にいっぱいに。
松の実はもっとたくさん入れるレシピもあるようですが、今回はこれだけしかなかったので。
もっとたくさん入れた方がおいしいと思います。


とにかくいい香り。
作りながらも食欲をそそられます。
チーズやアンチョビも一緒に加えるレシピもあるようですが、シンプルに作っておいて、お料理の時にその都度組み合わせていきます。ここのところ、パンもあまり焼いていないので、小分けして冷凍にした方がよさそうですね。

バジルオイルも、と思っていたのですが、葉っぱだけを洗って、拭きとると上の分量にしかなりませんでした。
ここのところ、お天気がすぐれなくて、雨が振り出していたので、この日はこれでおしまい。
次回、また作ってみます。オイルは簡単ですし。(←ペーストも簡単だろ!)

c0045882_21452351.jpgパスタもバジリコで、とも思ったのですが、お肉にも使ったのでミートソースに。
うちの子はパルメザンチーズ、それもイタリア産のパルミジャーノ・レッジャーノ、大好きでパスタのときに削っているとつまみ食いを望みます。
パスタが隠れるくらいたくさんかけます。
そりゃ、おいしいけど、値段も張るので今日は卓上の最初から削ってあるあるパルメザン。

とにかく、ハーブは食欲をそそりますね。
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-22 22:02 | Kitchen
2005年 08月 21日
夏の庭
c0045882_22302236.jpg
グリーンローズ。
緑色の花の薔薇です。
大きめの木製プランターに植えて、6年くらいです。
買った時は15cmくらいのポットに入っていました。園芸店で見て一目惚れ。
わたしは、華やかで色とりどりの薔薇の花よりも、春先の赤く柔らかな芽やさわやかな若葉、緑の茎に赤い棘、堅く閉じていながらも何処かしら優雅な蕾、そういうものを見るのが大好きです。
そして、強健であること。(要は手間をかけるのが嫌いな不精者ですね^_^;)

一目見て、すてきな花だと思いました。
買ったときのことを憶えています。
レジでのこと。ふたりの若い女性が対応してくれたのですが・・・
A「緑の花ってどう思う?」
B「地味~」
A「あんまりきれじゃないよねー」
B「そうそう、買う気にはならんよね~」
・・・以上のような内容の会話。
こら~!客の前で言うな~売る気あんのか~!!  と言わなかったけどね。
やっぱり、今でも素敵な花だと思うし、ほんとにほったらかしでも、こんなに暑くても年中花を咲かせてくれるのです。

誰が褒めてくれなくても、しっかりと自分の花を咲かせること。
そういう姿がわたしは好きなんでしょうね。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-21 23:01 | Garden
2005年 08月 20日
牛すじカレー
c0045882_1559369.jpg
カレーには2種類あるとおもいませんか?
ちょっと手間のかかるご馳走カレーと忙しいときの手抜きカレー。

子どもがまだ小さくてカレーなんか食べられなかった頃までは、カレーといえばご馳走カレーで、インド風のやタイ風のやこの牛すじカレーもよく作っていました。
(インド風のチキンカレーが1番多かったかなー)
少し大きくなった今も、子どもには辛くて食べられません。
そこそこ激辛好きになりつつある息子も、このカレー、「おいしい」とは言いますが、まだ完食できません。
あとでレシピも載せようと思っているのですが、こちらにはS&〇の小さい缶入りのカレー粉を1缶使っているのですが、インド風カレーを作るときのように辛いスパイスだけを調整することが出来ないので案外激辛っぽくなるのです。
大人もハフハフ、汗をかきながら食します。
夏は激辛おいしいですよね。

手抜きカレーはわが家は〇ウス〇ーモントカレー甘口です。
夜7時からテニスがあるとか、学年があがるにつれ忙しくなると、なんだか出番も増えてきますね。「おいしい」と喜びますしね。(オットはソースなんかをかけてます~)
ただ、最近でこそ食べるようになりましたが、娘はカレーをあまり好まない。
以前は〇くまろカレー中辛だったのですが、娘が「辛い、辛い」と食べられないので〇ーモントカレー甘口になりました。これでなんとか食べてもらってます。
クリームシチューやハヤシライスなんかも便利&手抜き料理で、焦った時にはよく使いますが、喜ぶのは息子だけで娘はあまり好きじゃないのが難点です。

牛すじカレーは案外手間です。
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-20 16:48 | Kitchen
2005年 08月 18日
帰省話~和三盆ロール
讃岐ルーヴの和三盆ロール。
c0045882_1963722.jpg

すてきなお菓子を作られるpumpkinpieさんも香川県ではここが1番とお勧めのケーキ屋さん。
和三盆ロールは最近流行りで、いろいろなところで売っているみたいですが、母曰く、「ここのはおいしい」

子どもたちはじじばばに預けて、オットと高松へショッピングがてら出かけて寄ってみたのですが、お盆15日のおやつ時、カフェは1時間待ち、ケーキもちょっとした行列。
pumpkinpieさんお勧めの栗の季節限定の和栗モンブランはあるはずもなく、というか、ケーキ自体売り切れ気味で細ながーいこの和三盆ロールを買って帰りました。
かなり長いロールケーキです。

確かにおいしい。
カステラ(スポンジというのかな)の部分だけでも十分おいしいんじゃないかと思います。
息子はクリームが嫌いなので、クリームなしの和三盆カステラなんていいなー。
店内で見かけたような気も… とにかく、わたしたちが行った時間は店内超混雑で、買い物帰りでちょっとお疲れだったのもあって、はっきり憶えてないのですが。
また、今度ゆっくり来なくちゃ。(常時混雑のような気もしますが)
[PR]
by issyonimakimaki | 2005-08-18 22:16 | お出かけ


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧