カテゴリ:映画( 3 )
2012年 01月 30日
エンディングノート
近くの映画館にくるって知ったので、秋に名古屋では観ずにやっと先日観てきました。

映画館でこんなに泣いたのはたぶん初めてかと。


わたしが初めて死を意識したのは娘を出産したとき。

二人目はなかなか出来なかったので、年齢もあるし、たぶんもう子どもを生むことはこれで最後だろうな、と思うと同時に、だから、今度人間の生死にこうやって当事者(?)としてガチで立ち会うのは恐らく自分が死ぬときなんだろうなーと、そんなことを考えたなあ。

上手に産んであげられるんだろうか、でも、産むしかないんだし、とその日に向かって徐々にココロの中を整理してた。


産むのも大変なことだけど、生まれてくるのはもっともっと大変。

なんの知識もなく、小さくてか弱い身体で独り、本能だけに従って生まれてくる。


生まれるということも生死の狭間をすり抜けてこちら側にやってくること。


予定日が近づくと、「どうか上手に生まれてきてね」と心の中で声をかけてた。

この主人公も「上手に死ねるかな」とつぶやいてたのが印象的だった。


生まれたからには必ず死は訪れる。

独りで生まれて、独りで死んでいく。

出会ったからには別れは必然。

どんなに愛情深く、強い思いがあっても一緒には逝けない。

それが、自然なこと。



よく撮ったなー
そして、よく作ったなーというのが最初の感想。

職場の映像関係の人と話してるとき、最近はノンフィクションとかドキュメンタリーは人気ない、とかそういう感じのことを聞いた(ような気がする)けど、わたし的には3Dだの、ハリーだのジャック・スパロウだの、ジブリだの、確かにひととき楽しめはするけど、ツクリモノにはこんなカタルシスは感じられないと思う。

時代がそうなのかな?

昔は壮大なスケールのエンタメ、すごい技術や肉体や演出のフィクションに感動して涙したりもしてたけど、今ってなんかうそ臭く感じてしまう。

あ、それともわたしがと年齢を経たということ?www

これでもか、これでもか!感動しろよ!感動的だろ?飽きさせないぜ、すごいだろ、涙するだろ?制作費○○○だぜぇ~的作品より、こういうこじんまりしてるけど誰のマネでもなく、どこかで見たでもなく、誰かに媚びるでもなく、ああそう、わかるわかると共感し感動する感じの作品の方がいいなあと思う。


最後に、病院のベッドで「ふたりにして」と夫の手を握りつつ、はじめての夫からの「愛してる」のひと言に「もっとやさしくすればよかった、ごめんね」「一緒に逝きたい」と声を絞り出す妻。

このシーンに、涙は止まらなかったけど、すごく共感できるんだけど、帰宅したやっぱりいつものドS妻でしかいられない(笑)

夫婦って理屈じゃ解せないよね。

愛情込めて、普段通りにドSなアカン嫁が添い遂げます。

たぶん(笑)



大切な人とのお別れ。

身を切るくらいに辛く、哀しいことだろうけれど、主人公の砂田氏のように死への段取り、エンディングノートを作成することで、お互いに少しは悲しみを紛らわすことができるのかもしれない。

いつものように一歩一歩、死というゴールに向かっていく。

それはとても哀しいけれど、不幸なことではないのだと改めて考えた。


グッと胸にくる作品でした。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-01-30 22:30 | 映画
2010年 11月 25日
ハートロッカー~陶酔と自覚
あと1週間で師走。

2010年も残すところ1ヶ月あまり。

今年の年始、実は密かに立てていた目標があった。

今年は最低12本の映画を観る!と。




結果は・・・



確か2本。。。


で、ロードショーは時間的にムリだわ、ということで、最近はコレ→★をはじめました。

2000円弱でひと月に8本借りれるんだけど、いくらDVDだとはいえ8本はなかなか見れない、、、と思うでしょうが、家族の希望品も取り混ぜて予約すれば今のところなんとかやりくりできてます^^

当初はメール便でのやり取りにやや不安を感じてたんだけど、速い早い。

例えば今日ポストに投函したら明日の夜には次の発送お知らせメールが届いてるって感じでちょっと驚き。


で、普段なら見なかったかもしれないんだけど、これ、よかったです。



「かっこいい」という評判を聞いて。

元・旦那の方の「アバター」はやっぱり観る気がしないけど。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2010-11-25 00:00 | 映画
2010年 10月 07日
マルタのやさしい刺繍
思えば大学生くらいのころから好んで高齢の主人公の映画を観てたような…「八月の鯨」とか「ドライビンミスデイジー」、ジョーン・ヒクソンのミス・マープルは憧れの未来図(^^;)、デヴィッド・リンチの「ストレイト・ストーリー」はMy名作ベスト5くらいに入るお気に入り。

「枯れの美学」が好みなんだろうか。。。

でも、この映画は主役たちは老齢ですがパワフルな映画です。

マルタのやさしい刺繍



本国スイスで大ヒットした映画なんだそうです。

ストーリー
最愛の夫に先立たれ、意気消沈していた80歳のマルタ。
ふとしたきっかけで若い頃の夢、自分の「ランジェリーショップ」を開くという夢を思い出します。
田舎の保守的な村ではマルタの夢を“破廉恥”だと、神父をやってる息子や町の世話役(?)のオヤジに散々妨害されつつも、友人とともに周りを少しずつ巻き込み、夢を実現し、村人の共感と世界からの注目(注文)を得る、というようなお話です。

村の実店舗でのランジェリー販売は絶望的になり、「インターネット」という販路を思いついたおばあちゃんは老人ホームのパソコンクラブでネット販売を習います。
商品配達と車椅子の自分の夫の通院のために80歳で免許を取るおばあちゃん。
注文がはけなくなったら刺繍クラブの老人たちに外注依頼。

自分で出来ないことは人を巻き込んじゃえ!

なんともポジティブでパワフルですが、老齢のレディーたちが夢に向かって邁進するパワフル&ハートフルなストーリーの中には、「介護」「死」「老い」や「不倫」や封建的ともいえる共同体の中で年老いるときにぶつかるであろう様々な要素がここかしこに散らばっていて、そんな中をゆっくりと小さな一歩を踏み出していく彼女たちの姿はなんだか等身大で共感できる。

理屈よりも、まずやってみればいいじゃん、て感じでしょうか。

なかなか、後味のいい映画です^^
[PR]
by issyonimakimaki | 2010-10-07 21:59 | 映画


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

お気に入りブログ

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧