カテゴリ:Lesson( 47 )
2012年 07月 10日
atelier de Sucre*~クレープ生地の料理とお菓子
ガスオーブンのない生活も1ヶ月ほどになるでしょうか。
悩んだ挙句、結局またガスオーブンを取り付けることにしました。
だってね、やっぱりないと味気ないものね。

で、atelier de Sucre*のお菓子レッスン。

今回はナイスタイミングでオーブンなしでできるミルクレープ♪
c0045882_20581033.jpg
ショコラとカスタードマンゴー。

ミルクレープってあんまり興味ないスイーツだったのですが、なかなか深い。

手間がすごい。

出来上がりの見た目は地味目だけど、切ったらアタシすごいんですって感じで(笑)

ほら、こんな断面。
c0045882_20583623.jpg
出来上がった瞬間のあの感動、、、じゃなくて、カットした瞬間の感動って感じでしょうか。


そしてオマケのランチも。
c0045882_20592540.jpg
ガレット・コンプレも簡単に出来ちゃうよ。


週末、オーブンの取り付け工事。

失くしたときはじめて眩しかったときを知る、って歌あったよなー

ちょっとそんな感じ。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-07-10 21:57 | Lesson
2012年 06月 12日
atelier de Sucre*~フルーツを使ったタルトレット
先日の日曜日はお友達と一緒にatelier de Sucreのcake classへ。
c0045882_22214792.jpg
(なんか写真傾いてる?)
本日のlessonはタルトレット。
チョコバナナ。

それとブルーベリー。
c0045882_22313327.jpg
シックな色合いのアンスリウムと大粒の国産ブルーベリーがなんとも絶妙なコンビネーション。

ブルーベリーの方は夏らしくさっぱりとしたクリームで上掛けしたラズベリージャムが山椒は小粒的いい仕事してるんじゃないでしょうか。

何でもないものなんだけど、コレがあるとないとじゃ大違い。

組み合わせの妙を感じて、うれしくなります。


チョコバナナは(フルーツ嫌いじゃなければ)誰もが気軽にいただけるタルト。

2日くらいなら日持ちもしそうだし。


ランチはボリュームたっぷりの夏野菜のスパにシュオムレツサンド。
c0045882_2223325.jpg
写真がヘタですがこれかなりの分厚さなんです。
でもパーツを作り置きできるし、ボリュームもあるし、休日のランチにぴったりかも。

スープはなすとベーコンのカレースープ。
(相変わらずのインドの風が吹いています(笑)


おいしく頂いたタルト。
c0045882_2232997.jpg
早速再現したいけど当分焼けないなーーーー



先日逝ってしまったガスオーブンはメーカーの修理の方にも相談して、結局買い換えることにしました。

12年あまり使い込んだビルトインのガスオーブン。

オーブンがなくても生活は成り立ちますが、オーブンのない人生はやっぱりあまりもにさびしい。

それに、なにか道具を新調するって区切りにもなるしね。

これから先の10年ちょっとをより充実したものにするための設備投資。

さあ、見積もりと資金繰りだわ(笑)
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-06-12 23:06 | Lesson
2012年 06月 12日
Ako a table~おうちでスペインバル気分♪
ノートパソコンはオワコン???と思われるくらいPC立ち上げなくなってきた今日この頃。

TwetterとFBで満足して、というか、時間がなくなってブログの更新は後回し後回し。

このまま消滅…いえいえ、頭の隅っこには常駐しているのです、実は(笑)


というわけで、いろいろあるのですがまずは時系列で、先日、といってももう3週間近く前にお邪魔させていただいたAko a tableのレッスンの様子から。



今回のテーマはスペイン。

テーブルはアンティークの世界観をイメージ。
c0045882_23365611.jpg
すてき過ぎる空間なのですが、いつもリラックスした気分になれるのはやっぱりAKO先生のあの雰囲気とお人柄でしょうか(●^o^●)


モノトーンの食器がアンティークの世界観とスペインの風を繋ぐ。
c0045882_23422475.jpg
MATEUS(マテュース)のフリルレースがすてき過ぎ(≧▽≦)


オードブルに。
c0045882_2346259.jpg
まるで飲むサラダ!ほんのり甘いガスパチョ
スモークを効かせたタコのガリシア風
じゃがいもと玉ねぎのトルティーヤ
イベリコ豚のチョリソー、ピコス、青唐辛子の酢漬け

トルティーヤはスペインオムレツのことですね。
こちらはすでに復習済み^^
このためにバローで860円のテフロン加工の小さめフライパン、購入いたしましたー(笑)


メイン。
c0045882_23544399.jpg
極細パスタで作るシーフード・フィデゥワ~パスタパエリヤ~

これって以前南インド料理で食べたバミセリのビリヤニ???

もちろんカレー風味ではなく、まさにパエリヤのパスタ版。

でも、調べてみたらアジア方面のビリヤニとスペインのパエリヤは親戚みたいなものなのだとか。。。

う~ん、グローバルだわ(笑)


デザート。
c0045882_001718.jpg
オレンジカスタードを包んだクレープ ブリュレ。

オレンジジュースで作るカスタードはさっぱりとして、バニラアイスと抜群の相性。

エディブルフラワーを添えるところがまたAKO先生。

そしてもう一度言いますが、MATEUS(マテュース)のフリルレースがすてき過ぎ(くどいっ)



毎日のごはんの支度は大変だけど、無限の組合せ、最先端の科学的分析、色や匂いなど感覚的組合せがあって、お料理ってとってもクリエイティブな作業、

というような内容のひと言が印象深い、すてきな1日でした。



明日(たぶん、明日)は日曜日のcake lessonをアップ(たぶんw)します。

たぶんね。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-06-12 00:14 | Lesson
2012年 04月 09日
Ako a table~イタリアンコース
同一テーマのレッスンが終了するまでは、レッスンの詳細はサプライズがなくなるので極秘。
という暗黙のルールがあるみたいだけど、やっぱりすてきな時間だったので写真を見返してたら楽しくなってアップしたくなったのでしちゃいます。

言わずと知れたお料理サロン Ako a table の3,4月のレッスン。 
c0045882_004387.jpg
春のイタリアンコース・パスタ徹底攻略!

一口カルパッチョ イタリアンカラーで
c0045882_01760.jpg
ホタルイカ、鰹のたたき(市販品)などで再現。
バルサミコのドレッシングは酸味がきつくないので結構万能じゃないかと。


冬越しじゃがいものズッペッタ 菜の花のピュレとツナのコンフィをアクセントに
c0045882_013095.jpg
バターで炒めてから煮込むのだけれど、やさしいお味なので体調を崩したときにもおいしくいただけました。

コンフィはマグロ、サーモンなど即再現。
これはわが家の定番の一品となりますた。

市販のシーチキンが食べられなくなるよ、っておっしゃってたけど、それはそれで手抜き&困ったとき素材としてキープしております。



あさりとブロッコリのスパゲッティーニ レモン風味
c0045882_024867.jpg
ペペロンチーノソースで仕上げる。
難易度やや高。
そのうち再現するでしょう(笑)



黒毛和牛ともち豚のラグーソースで食べるショートパスタ
c0045882_015132.jpg
胃腸の調子が良くなくて後日再現予定(笑)
わが家の好きな味です。(特に息子)



チーズとナッツのトルタ 新鮮な牛乳のソルベット
c0045882_02650.jpg
こちらもナッツなので体調万全に回復後再現予定。

アイスクリームメーカー、しまい込んでるから出さなくちゃ。



ピンクのレース模様に萌えるけれど、収納場所と利用頻度を考えてこうやって写真を見て愉しむことにします(苦笑)

かわいいけれど、ちょっとぽてっとしたこの感じの食器、わが家の食卓には合うんだけどなー


アコ先生のあのゆるーい雰囲気(義母をスタイリッシュにした感じなんだよねーw)と不要な調味料は使わずにできる限り素材そのものの味を感じましょう、というコンセプトには超・共感。

量より質、こてこてよりシンプル、濃いより薄味、プラスじゃなくマイナス、掛け算じゃなく割り算、そういうお年頃なんでしょうね。



次回も行きたいな。

連れを探さなきゃ。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-04-09 00:34 | Lesson
2012年 03月 20日
巻き寿司とマカロンのレッスン
(笑)
うそうそwww

マカロンのレッスンです。

今日はアトリエ・ドゥ・シュークルのCake classへ。
c0045882_2055350.jpg
巻き寿司は先生が出してくださったランチ。

もちろん、作り方も教えていただきましたが。

主役はあくまでマカロン。

今日はフラワーアレンジも付いて。

そして、巻き寿司。(笑)


つまり、和ナチュラルなマカロンを主役に、脇もすべて和テイストで固めたすてきな演出なのですが、ついつい(笑)を探してしまうこの性格。

そのくせ、パルケ先生のスペシャル過ぎるギャグには咄嗟に反応できず固まってしまった未熟なワタシ。



それはさておき、

昨年も数回焼いてみたマカロンなので、今回は復習と確認をかねてレッスンに参加。

生地の状態や湿度、膨らみ方、ピエのできる理由などなど、しっかり理解できました。

やっぱお菓子は科学だしねー


習ったのはきなこマカロンと生姜風味のマカロンの2種。

生姜ガナッシュの生姜マカロンは一見インドテイスト(爆)と思いきや、和です、和。

煎茶が合います^^



そして、気づいたのはマカロンの写真がほとんどなく、巻き寿司の写真ばかり撮っていたということwww

なぜ?

ここのところ、写真を撮ることはおざなりで、講義やデモに集中してしまうんだよねーw

ほんとよ。


そういえば、最近すてきなレシピ本/集を入手したので、キッチンがアトリエ/研究室と化していきそう…かなー?

そちらの方も近いうちにご紹介しますね。



先生、皆さん、今日は楽しいひとときをありがとうございました。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-03-20 21:27 | Lesson
2012年 02月 06日
生チョコデコレーションケーキ
日曜日はパルケ先生のレッスン。
c0045882_21461841.jpg
生チョコデコレーションケーキ。

こういうデコレーションは苦手だし…とせいぜいシフォンケーキにホイップクリームを添えた程度の「生ケーキ」(それを生ケーキを言っていいのなら)しか作らないと暗黙のルールがあったんだけど、今回パルケさんに習ったら上手いやり方を教えてもらえるかもとなんとなく思って参加してみました。

そして、なんかやる気満々(笑)

封印、解いてみちゃおーかなーwww


スポンジ5枚切りでカスタードやらバナナやらイチゴやら、とあり得ないくらいはさんでいくんだけど、デモを見てるうちに「なんかやれるかも!?」「やってみよう!」と思えてきた。

シロウトはやっぱ手間と時間を少しかけないとね^^


週末はクロワッサンも焼いたり、材料が足りないものがあったので今週末作ってみます(^o^)/


ランチのスープもパンもおいしかったし、試食タイムも和やかに過ごせました。
c0045882_21465230.jpg

毎回思うのですがパルケ先生の血と汗と涙。。。じゃないけど(笑)試行錯誤、努力のあとがそのレクチャーに感じられて、だからこそ「やってみよう!」「できるかも!」という気にさせてくれるんじゃないかな。

知識も技術もないわたしのような人でも、ほんの少しの努力で出来るレシピ、やり方を探して、おいしく、低コストで、美しく、と日々努力されてるいるんだなーと思うと、なんか家事全般やる気がでたりしてね。

いきなりプロみたいなことは出来ないし、目指してるわけじゃなからね。



甘くておいしい手作りお菓子は人を温かい気持ちにさせる、ような気がする。

お菓子上手になろう、と密かに決意したりしております。
[PR]
by issyonimakimaki | 2012-02-06 23:13 | Lesson
2011年 08月 28日
フォカッチャレッスン
8月ももう最終。
atelierdeSucre(アトリエ・ドゥ・シュークル)のフォカッチャレッスンに参加。
c0045882_985371.jpg
数ヶ月前に久しぶりに参加したレッスンでふかふかのフォカッチャがランチで出てこういうのもあるんだーと感動。

習ってきました。

写真はフォカッチャをトーストしてブルスケッタにしたもの。

小さくカットしたパンに野菜のマリネを一切れ一切れ丁寧にのせるとこんなに可愛く出来上がる!

ひと手間が大事と、暑さでだらけてた自分を密かに反省。。。



平たいフォカッチャも美味しいけれど、こういうものまたいいです^^
c0045882_99320.jpg
もっちりふかふか。

塩とローズマリーの香りの効いたふかふかパンも美味しい^^



こちらの教室はもともとお菓子メインの教室なので、パンのレクチャーもなんというかケーキ寄りの講義。。。のような印象。

パンとケーキ、お料理って作るときも習うときも心づもりが違ってくる。

わたし的にはケーキが非現実的で現実逃避的行為(笑)なので、普段の大雑把資質を排除して集中・無心になれる感じ。

ストレス解消にお菓子作りって人はわたしだけじゃなくて、案外多かったりするのはそういう理由からか。



そして、実はこれを楽しみしてた。
ラスク。
c0045882_991597.jpg
ウチでラスクが作れると喜ぶ家族が約2名。

残ったパンなどで美味しいラスクが作れるとなかなかありがたい。


暑い内は粉系調理は休止してたので、そろそろ再開しようかなー


でも、今日も暑い。。。
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-08-28 09:41 | Lesson
2011年 06月 28日
AKO à Table~イタリアンレシピ・夏バージョン!
昨日はお休みを取って西濃グループのグループレッスンに参加させてもらう。

久々のAKO先生のお料理サロン
c0045882_22334897.jpg
やっぱり一歩足を踏み入れたとたんの別世界…

こちらにお邪魔するのは2009年10月以来だからほんとに超久々。

AKO先生の変わらぬ笑顔と相変わらずのおしゃれすぎる空間。

美味しい料理とご一緒させてもらった皆さんとの楽しく和やかなひとときでした。



最近流行のサロンだとか、サロネーゼだとか。

わたし的には結局「人」なんだろうなと思う。
(それともちろん料理なら「味」は大切だけど)


AKOさん、やっぱいい~(●^o^●)

夢のようなおしゃれな空間で、品のあるすてきな笑顔でありながら、実はちょい大雑把…じゃなくて大らか(笑)

調理ミスがあっても「大丈夫!回収しましょ」とうろたえない、生徒さんからのちょっと難しい質問に応えるのも誠実なんだけどちょいクスッとしちゃったり(わたしだけか?)、料理好きなんだなーと嬉しくなる食に関する蘊蓄を語る様子が楽しそうでこっちも密かに楽しくなったり、平然と鮎を“さばく”様子が衝撃的だったり(わたしだけ?)

AKOワールド。

そういえば、初めてお会いしたとき「オットの母に似たとこある」と思ったっけ(笑)

ワールド付かないと、人間面白くないよね。




秋は和食らしいからまた行きたいけど、次回は自分で運転していかなきゃ。

お料理はこんな感じ。
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-06-28 23:51 | Lesson
2011年 06月 12日
午前と午後のレッスン参加~
チェリージュビレ。
これが習いたくって急遽入れてもらったパルケさんのレッスン
c0045882_2338635.jpg
前回レッスンの帰りの車中、いつも乗りあって一緒に参加してるTさんがそれはそれは素晴らしいと評判のこのデザートを憶えたくて参加しないつもりだったけど急遽入れてもらった、との熱い言葉が耳から離れなくて、家族のスケジュールを確認後急遽申込み。

アメリカンチェリー、こういう食べ方もあったんだー

レッスンではバニラアイスクリームに添えていただいたけど、ヨーグルトやタルトやいろいろ広がりそうな一品。

お子様向けじゃないけど、こういうのをちゃちゃっと作って出したら確かに「オトコはコロッと」かもね(笑)

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-06-12 00:09 | Lesson
2011年 05月 28日
オレンジケーキのLesson
ライブでもなんでもだけど、お気に入りのアーティストやステージにお金を払って、時間を割いて出掛けて行って「ふ~ん、こんなもんか…高いチケットだったな」ってことが今はあんまりないけど、昔はしばしばあった。

大人になって、経験と学習を重ねると自分自身の状況(スケジュールや体調なんか)や嗜好もわきまえて、選択にも慎重になるのでそういう失敗はほとんどないんだけど、たまにその逆、予想以上にいいイベントだったな♪なんていうことがしばしばあったりする。



今日は友人のTさんとパルケさんのお菓子レッスンに。
c0045882_2219168.jpg
今回は先生こだわりの「オレンジのケーキ」

オレンジのシロップ煮を入れ込んで、仕上げにオレンジシロップをたっぷり沁みこませたしっとり感のオレンジのケーキ。
c0045882_22192990.jpg
そして、アーモンド(手作りローマジパン?)とオレンジピールたっぷりで焼きこんだコロンビエという名のケーキ。

コロンビエとは「鳩小屋」という意味らしく、ヨーロッパでキリストの聖霊降臨を祝う「パンコート」にいただくお菓子とのことで、ガレットデロワのようにフェーブを入れて焼いたりもするらしい。

ヨーロッパで鳩は「象徴とての鳩」と「ジビエとしての食べる鳩」とふたつの意味合いがあって、鳩がオリーブとともに平和の象徴になりえた理由を旧約聖書のお話からレクチャー。


こういうの、ツボなんですよねー、わたし。

ひとつのモノに相反するふたつの意味が同時存在する、みたいな。

ちょい形而上学的、文化人類学的ーみたいな。


レッスンもボウルの大きさひとつ、生地を移し替える動作ひとつにちゃんとした意味・理由(そして個性?)まで説明があって、わかりやすい。


忙しくて手抜き手抜きになりがちがけど、手を抜くんじゃなくて無駄な動きをなくして、必要なことははしょらずに、ってことかな。

More
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-05-28 23:32 | Lesson


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧