2008年 10月 03日
職人パパのパン教室
細腕繁盛記パン教室のkayo先生の企画イベント、『職人パパのパン作りを見てみたい!』に参加してきました。
c0045882_20142947.jpg
メニューはパン・オ・セーグル2種とブリオッシ3種。
家庭用のガスオーブンでこんなに完成度の高いハード系のパンが焼けるのは、やっぱり職人パパの技術と経験なんだろううな~と感心しつつ、わたしもちょっと挑戦してみようかな…とやる気を出したレッスンでした。





「職人パパ」なんて聞くと、ウチのオットのごとくメタボ気味のおじさんを想像してたのですが、これがなかなか、どうしてどうして、メタボとは無縁のハンサムパパで。。。というのはパン作りにはあまり関係ないのでこの辺でやめときますが、アラフォーのパパでもこういうパパがいるのね…と他人の芝生が蒼く蒼く見えた1日でした(しつこいっつうの!)

ブリオッシュ生地でブリオッシュ・ア・テート。
c0045882_20265196.jpg
成型がはやいはやい。
ムーミンのニョロニョロみたいでかわいいです♪


クグロフ型で焼いたブリオッシュ・クグロフは型の底にアーモンドを並べます。
c0045882_20271195.jpg
フルーツもたっぷりでとてもおいしかった。


ちょっと写真がボケましたが、パン・オ・セーグル。
c0045882_20272918.jpg
ライ麦パンはライ麦粉の含有率によって名前が変わるみたいですね。パン・オ・セーグルはライ麦粉の割合が10%以上65%未満のものみたいです。

手捏ねでデモしてもらいましたが、10分も捏ねてないです。

ライ麦粉が多く入る生地は捏ねすぎない方がいいんですって。

レンガを使ったスチーム焼成も実演してもらって、ぜひぜひやってみようと思いました。


それにしても、皆さんすごく熱心で、家庭でもパンやお菓子を頻繁に作っているみたいでちょっと驚いてしまいました。

パン屋さんもケーキ屋さんも商売上がったり(笑)

でも、家庭で手作りしたものって、万人受けはしないかもしれないけど「我が家の味」があって家族にとってはどんな有名店のものよりも1番おいしい味ですよね。


次回もパパのパン教室、(クロワッサンなんかいいですよね~)ぜひぜひ企画お願いします。

ちなみに、わたしは残った発酵種で作ったもっちりフランスパンがとーってもおいしかったです。

あんなのが自分で焼けたらいいなあ。。。
[PR]
by issyonimakimaki | 2008-10-03 20:48 | Lesson


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧