2006年 08月 08日
猪熊弦一郎現代美術館~真夏の美術館巡り
クウネルvol.20の猪熊弦一郎の記事を読んで、見たいな~と思い、行ってきました。
c0045882_044292.jpg
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

これは正面のオブジェと壁画。
c0045882_0153586.jpg
お子さまは「美術館よりプールに行きたい」ということで、じじばばに預かってもらって、ふたりでゆっくり行ってきました。

美術館の中って撮影禁止?
表示がなかったのでちょっとパシャリと。
c0045882_0194431.jpg
大きい絵は猪熊画伯の大きな絵です。
写真右中ほどのつつじの花は木製で、企画展としてやっていた須田悦弘氏の作品。


企画展の方は入り口にしっかり「撮影禁止」とあったので撮れませんでしたが、とってもよかったです。


この空間自体がひとつの作品というか、ひとつひとつがダイナミックで圧倒されるすごい作品じゃないというのが、ものすごくわたしの好み、ハマッた。


説明しますと、須田悦弘展のブースを覗くと、パーテーションと美術館のおねえさんが4人ほどいるだけで、一瞬「わたし間違ったところにきたのかしら」と戸惑う。
実際、おねえさんに「ここの作品がありますよ」と説明を受けてる方もいらっしゃいました。

一瞬の戸惑いの後、壁際下方に目を凝らすと、あら、雑草が…
そう、きれいに草取りをして3日後くらいに建物の壁際に、抜き忘れたや草や新たに芽を出し始めた雑草…
葉っぱの穴あきや黄色く枯れかかったリアルな彫刻。

思わず、身体を折るorしゃがむ。
草取りしてしまいそう。


そういえば、1階エントランスホールの階段横壁にも木のチューリップが1本ありました。

一通り見て、2階の展示室を見下ろしてみたら、あら、ここにもつつじの花が。
で、思わず、パシャリと撮っちゃいました。


お子さまたちも(特に上の子)連れて来たらよかったかな~
きっと、感動できただろうに。

10月までやってるみたいなので、機会のある方はぜひ!






ついでなので、帰り道に坂出の東山魁夷せとうち美術館にも寄って来ました。
c0045882_0453930.jpg
瀬戸大橋のたもと、瀬戸大橋記念公園に隣接した立地で、それは美しい風景です。


こちらでは、ちょうど『新潮』の表紙絵展をやっていて、興味深く鑑賞できました。

写真はなしです^^;


真夏の美術館というのはなかなかいいものですね。
暑い暑い暑い日常とは全く別世界、引き込まれます。


この後、クオカでお茶して帰宅しました^^
[PR]
by issyonimakimaki | 2006-08-08 01:02 | お出かけ


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧