2011年 08月 16日
あなたがいる場所がふるさとになる。
義母が掛合(かけや)の「作家の家」に住んで12年になる。
c0045882_22302292.jpg
いつも泊まる2階の部屋の窓から見える景色。

義母は、ウチの娘が生まれた年に大阪からこちらの家に移り住んだ。

もともと、島根県松江市の出身なのだけれど、いろいろと事情があっていわゆる固定資産的「家」はなくて、夫も手放し、息子(ウチのオット)と暮らすことも選ばず、ここ掛合の築300年の古民家に工房を構えた。

10年住めば、ご近所の方などと自然と深い絆が出来上がってくるのが「田舎」のいいところ。

2年前に大病をした義母だけど、ゆったりどっしり流れに乗ってしあわせそうな笑顔でよかった。


この頃は毎年というわけにもいかないけれど、休みが取れればわたしの実家・香川とオットの実家・島根を交互に訪れる。

オットの生家というわけではないけれど、少しずつ愛着が湧いてくる故郷の風景。


この時節休みが取りづらいほど忙しいのはありがたいことだけど、飛ばしに飛ばして7時間かかる距離の故郷に帰省するのは結構きつかったりするんだけど、お墓参りと親戚の家を回って久しぶりに懐かしい人の顔をみるのはやっぱりなんか心がほっこりする。

今回はオットの伯父、叔母のところを回って、たまたまどこも従兄弟たちは留守だったんだけど、大きくなった子どもたちも記憶に残ってないくらいの再会の中、大叔父、大伯母・叔母らとそれなりにご挨拶や会話もなごやかに出来て、ちゃんと大人になってきてるんだなーと思ったり。


三つ子の魂。
c0045882_22305014.jpg
相変わらずのゴージャス古民家でも、起こしても起こしてもいつまでも寝てるところは変わらないけど。。。



お盆休みもそろそろ終わり。

また、いつもの生活に戻りますが、戻るべき日常があることのありがたさを身にしみて感じるこの頃です。
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-08-16 23:41 | お出かけ


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧