2011年 07月 18日
見た目はキレイ目に、でも中身はやっぱり「新橋系」
土日、一泊二日で東京へ観劇と友人に会いに。
c0045882_2150351.jpg
中学高校と一緒で、高校時代は2,3年クラスメイトの彼女。

発想と視点がユニークで、当時もわたしたちなりにおもしろいこと一緒にちょこちょこやってた。

ほんとの自分ってこのあたりにあるのかもしれないなー

などと思いつつ、土曜の夜から日曜の午後まで目的もなく炎天下の都内を歩き続け、とりとめもなく話し続け。


彼女はバツイチ独身子どもなし、外資系輸送機器メーカーの総務部マネージャー。

随分と離れた立場に立っちゃったけど、やっぱり彼女は彼女、わたしはわたし。

人間、そうそう変われないものね。


54歳起業のスローガンを話したら、

「50過ぎて何かやりそうと、ぞーさんと話してた」

ぞーさんというのは高校2,3年のクラスメイトで、卒業後も帰省するたびに会ってたけれど、数年前に逝ってしまった、今になって思うと心の奥深くまでお互い入り込んでた友人。


芝居や陶芸、水商売も少々、洋裁、彫金、結婚に子育て、今はパン焼いたり、お菓子教室に行ったり、とりとめなく、いろんなことをやってはそこそこのレベルで満足してる(飽きてる)わたしは、50過ぎてからくらい人生のまとめをするであろう、ということかな。
(まとめずに散らかし放題で終わっちゃう可能性も大だけど)

職場も変わり放題だし。

結婚だけは続いてるかな。。。今のところ。



結局のところ、高校生とか大学生とかの何者でもなかったしょぼい自分がほんとに自分なんだろうな。



銀座から新橋までぶらぶらと。

新橋で安い定食屋でランチ。

思い立ってスカイツリーを見に行き、そのまま徒歩で浅草まで汗だくになりながら歩いて、向う脛が痛くなった。



新橋はJR線を挟んで、東側と西側で趣が一変する。

妻にこづかいを小額しか渡されてないオヤジサラリーマンはランチはケチって、帰りに高架下の飲み屋での1杯を心から愛す。

そーいうくたびれオヤジ系サラリーマンを「新橋系」って言うらしい。

奥様方の3千円、4千円のセレブ調ランチより場末のクセのある店主の600円の定食が、わたしたち結局好きなんだよねー

ちょっと背伸びなどしてがんばってみても、結局中身は「新橋系」なんだよねー



わたしはわたしの現実に戻りつつも、先週までのわたしより密かにパワーアップしたわたし。


古い友人に久しぶりに会うって、やっぱ刺激的。
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-07-18 22:49 | お出かけ


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧