2011年 05月 29日
フェアトレードデイ垂井
雨の中、娘とふたりでフェアトレードデイ垂井を覗いてきました。
c0045882_2153576.jpg
もともと、フェアトレードとか、ソーシャルビジネスとかに興味があって、どんなものかなーって思って。


フェアトレードとはなんぞや、という考え方を広めていこうっていうイベント、でしょうか。
c0045882_2181310.jpg
発展途上国の生産・労働者→バイヤー・輸出業者→日本の販売業者→わたしたちって感じの流れの中で、最終購入者のわたしたち消費者が何をどう買うか、目の前の価格だけに流さた選択をしてると、生産者である発展途上国で不当な低賃金労働とかがなくならないとう図式。


まあ、中に立ってる輸出入業者が儲けてるってこともあるんだろうけど、とにかく消費者であるわたしたちがそういうことを意識するだけでも、みんなでやれば大きな力に!なるはずということなんだろうな。


ちょっと、フェアトレードというファッションで終わっちゃいそうな雰囲気もなきにしもあらずって感じたけど、一歩を踏み出すことから始まるわけだしね。



遠い外国の発展途上国に限らず、人の手間をかけて作られた生産物。

賞味期限が過ぎてるからポイとか、放射性物質が入ってるかもだから買わない、O157だか111だかで話題の食材だから買わないなんていう短絡的な行動は考えなくちゃね。

工場で大量生産された工業製品じゃなくて、手塩にかけて育てた生産物やそれから手間をかけて作られた商品。

もし、自分が作った商品だったら簡単に捨てたりは出来ないもの。


安けりゃそれでいいじゃなくて、自分の五感で感じて、自分の頭で考えて、判断して、選択する、どこかの誰かの策略でつけられた価格やイメージで判断してたら(させられてたら)、やっぱり世の中はいい感じにはならないんじゃなかな。


国や企業に対して、「偏差値の高い国民・消費者」になって、「あなどれない…」と思わせなくちゃね。

国も企業もわたしたち国民・消費者をちょっとナメてる。。。絶対。


いろんなお店が出店してて、kayo先生のパンやワッフル、horieco+さんの焼き菓子なんかも購入。
c0045882_2175778.jpg
写真はブラジルのコロッケ。
これは会場で食べたので写真が残ってますが、あとは帰宅すると家族のお腹の中へ直行。
とーってもおいしかったです^^


人間は考える葦、らしいけど、学校や会社だけじゃなく、普段の生活の中でも考えることをストップしたらダメだってことね。
[PR]
by issyonimakimaki | 2011-05-29 22:37 | お出かけ


グローバルじゃない、ローカルでもない、気ままなあたしの小さい視点で。

by harumaki

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN: harumaki
岐阜県在住 香川県出身
1960年代生まれ
夫、息子(17)、娘(12)
興味:手作り、庭いじり、
    旅行,キモノetc.

以前の記事

2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧